犯人捜索

街中のAI監視カメラで容疑者や逃走車を発見

中国上海では、街中のAI搭載の防犯カメラによる治安管理システム実用化が進んでいる。カメラは警察のネットワーク・データベースとつながっており、人物の顔や車のナンバープレートから犯罪容疑者や逃走車両を見つけ出す仕組み

詳しく読む
RELATED POST
万引き対策

万引き防止AIカメラ、店員に通知機能あり アースアイズ

万引き防止AIカメラ、不審な人物を検知し店員のスマホに静止画を送信。ドラッグストアでの試験運用では万引き4割減

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
バス・タクシー

バスターミナルのカメラで混雑把握・高度見守りサービス 九州大学日立製作所昭和自動車

九州大学、日立製作所、昭和バスを運営する昭和自動車の3社は、新しいバスターミナルに数台のネットワークカメラを設置し、混雑状況などを可視化する仕組みを構築する。バス運行計画の最適化に加え、高度見守りサービスに必要となる、人のふるまいの検知に関する実証実験も行なう

2018/11/13 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

スポーツイベント、顔とIDカードで本人確認 日本電気(NEC)

ラグビーワールドカップ2019に本大会では、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用し、顔とIDカードによってメディア入り口で本人確認を行なう。そのため、事前にメディア関係者は顔画像を登録する

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました