医療

薬剤師の薬に関する質問にAIが回答

岡山大学病院薬剤部は、木村情報技術と共同でAI搭載型医薬品情報提供支援ツール「aiPharma」している。病棟の薬剤師が薬に関する質問を自然な話し言葉で入力すると、最適な回答を提供する。AI自身が確信度を判断し、正確に質問を認識できない場合は不用意な回答をしないようになっている。また、関連性の高い回答なども表示する

詳しく読む
RELATED POST
事務

別部署からの問合せにAIが回答 埼玉県

埼玉県は、職員からの「PCやネットワークの設定」「機器故障時の対応」「財務システムなどの操作支援」などの情報システムに関する質問に、AIが回答するチャット形式のシステムを活用している。今後は県民向けのサービスの実用化を目指す

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

健康診断の情報を入力→がんや生活習慣病などの発病確率をAIで予測 SELVAS AI

韓国のSELVAS AIは、BMI、血圧、コレステロール値、問診情報など計20項目の健康診断結果データを入力するだけで、がんや生活習慣病などの主要10疾病の発病確率を予測、健康アドバイスを行なう「Selvy Checkup」を日本で提供開始する。

2018/11/21 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
問合せ対応(コールセンター等)

Web接客にAIチャットボット のれんアイアクト

のれんは、デジタルマーケティングソリューション「NOREN musubi」の連携ソリューションに、アイアクトが提供するAIチャットボット「Cogmo Attend」を追加。このボットは「IBM Watson」の会話機能を提供するAPI(Watson Assistant)を活用している

2018/10/30 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました