医療

薬剤師の薬に関する質問にAIが回答

岡山大学病院薬剤部は、木村情報技術と共同でAI搭載型医薬品情報提供支援ツール「aiPharma」している。病棟の薬剤師が薬に関する質問を自然な話し言葉で入力すると、最適な回答を提供する。AI自身が確信度を判断し、正確に質問を認識できない場合は不用意な回答をしないようになっている。また、関連性の高い回答なども表示する

詳しく読む
RELATED POST
事務

別部署からの問合せにAIが回答 埼玉県

埼玉県は、職員からの「PCやネットワークの設定」「機器故障時の対応」「財務システムなどの操作支援」などの情報システムに関する質問に、AIが回答するチャット形式のシステムを活用している。今後は県民向けのサービスの実用化を目指す

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
ゴミ分別

ゴミ分別をチャットで質問→自動回答 NTTドコモ神奈川>横浜市

チャットボットを活用した「イーオのごみ分別案内」。複雑な横浜市のゴミの分別をチャット形式で教えてくれる。試験運用時は「旦那」「嫁」と入力したときの回答なども話題

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

小腸粘膜傷害の画像診断 東京大学医学部附属病院

東大病院などは、医師の負担が大きかった粘膜傷害をAIで診断するシステムを開発した。正解率は9割以上、1万枚以上の小腸の画像を4分弱で診断

2018/10/31 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました