医療

薬剤師の薬に関する質問にAIが回答

岡山大学病院薬剤部は、木村情報技術と共同でAI搭載型医薬品情報提供支援ツール「aiPharma」している。病棟の薬剤師が薬に関する質問を自然な話し言葉で入力すると、最適な回答を提供する。AI自身が確信度を判断し、正確に質問を認識できない場合は不用意な回答をしないようになっている。また、関連性の高い回答なども表示する

詳しく読む
RELATED POST
事務

別部署からの問合せにAIが回答 埼玉県

埼玉県は、職員からの「PCやネットワークの設定」「機器故障時の対応」「財務システムなどの操作支援」などの情報システムに関する質問に、AIが回答するチャット形式のシステムを活用している。今後は県民向けのサービスの実用化を目指す

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
人的管理・採用・定着

退職予備軍の予測AI トランスコスモス

コールセンターの退職予備軍を予測するAI、実際の退職率と95%一致。離職傾向が高いスコアだったオペレーター60人のうち70%も事前的中。退職予測値が高いオペレーターには毎月スーパーバイザーが面談・ケア・予防施策を行ない、半数のオペレーターの離職を抑止成功

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
問合せ対応(コールセンター等)

問合せ内容・応対内容を自動入力、入力業務軽減とサービス品質向上へ NTTテクノクロス

コールセンターにおいて会話音声を自動登録。顧客とオペレーターの会話から名前や応対内容を自動入力。オペレーターの応対入力業務を軽減できるほか、応対に不備がなかったかなどもチェックができ、品質向上も期待できる

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました