イベント・ライブ

ライブ入場に顔認証チケット、転売防止・入場時間半減へ

11月に国内7か所で行なわれる宇多田ヒカルコンサートツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」では、NECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術「NeoFace」を活用する。ツアー参加者は申込段階で顔写真の登録を行なっている。転売防止を徹底させ、入場にかかる時間は半減。参加者にも好評

詳しく読む
RELATED POST
セキュリティゲート

顔認証、顔の経年変化にも自動対応 日本電気(NEC)

NECは、様々な用途で顔認証を利用できる「顔認証ソリューション for オフィス」を法人向けに提供開始した。利用者の顔認証画像の自動更新による経年変化への対応のほか、なりすましを防ぐ記録対応なども

2018/10/26 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

顔認証カメラで犯人捜索

中国、AIを用いたライブ会場の顔認証カメラと公安当局のデータベースを連動させた監視システム「天網」で指名手配犯を摘発。半年で十数人

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
バス・タクシー

バスターミナルのカメラで混雑把握・高度見守りサービス 九州大学日立製作所昭和自動車

九州大学、日立製作所、昭和バスを運営する昭和自動車の3社は、新しいバスターミナルに数台のネットワークカメラを設置し、混雑状況などを可視化する仕組みを構築する。バス運行計画の最適化に加え、高度見守りサービスに必要となる、人のふるまいの検知に関する実証実験も行なう

2018/11/13 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました