イベント・ライブ

ライブ入場に顔認証チケット、転売防止・入場時間半減へ

11月に国内7か所で行なわれる宇多田ヒカルコンサートツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」では、NECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術「NeoFace」を活用する。ツアー参加者は申込段階で顔写真の登録を行なっている。転売防止を徹底させ、入場にかかる時間は半減。参加者にも好評

詳しく読む
RELATED POST
イベント・ライブ

顔認証カメラで犯人捜索

中国、AIを用いたライブ会場の顔認証カメラと公安当局のデータベースを連動させた監視システム「天網」で指名手配犯を摘発。半年で十数人

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

スポーツイベント、顔とIDカードで本人確認 日本電気(NEC)

ラグビーワールドカップ2019に本大会では、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用し、顔とIDカードによってメディア入り口で本人確認を行なう。そのため、事前にメディア関係者は顔画像を登録する

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
詐欺被害防止

クレジットカードの不正使用検知 PKSHA Technologyクレディセゾン

クレディセゾンはクレジットカードの不正使用検知システムに「PREDICO for Financial Intelligence」を導入。トレンド追従型

2018/10/27 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました