イベント・ライブ

ライブ入場に顔認証チケット、転売防止・入場時間半減へ

11月に国内7か所で行なわれる宇多田ヒカルコンサートツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」では、NECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術「NeoFace」を活用する。ツアー参加者は申込段階で顔写真の登録を行なっている。転売防止を徹底させ、入場にかかる時間は半減。参加者にも好評

詳しく読む
RELATED POST
小売

車ナンバー、不鮮明な画像も判別するシステム グローリー

グローリーはAIを活用し、不鮮明に映った車のナンバープレートを読み取る技術を開発。地域名や仮名文字も推測する。捜査機関や小売店での利用を想定

2018/11/01 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

スポーツ中継の撮影・編集・収録・配信する自動カメラ スカイ・エー

スカイAは、AI機能搭載の自動カメラ「Pixellot」を活用し、フィールドホッケーのライブ配信を試行すると発表した。11月11日に同社公式YouTubeチャンネルにて配信予定。「Pixellot」は設置するだけで撮影、編集、収録、配信を行なう。人件費を含む制作コスト削減が可能で、容易にスポーツ中継を配信することが可能になり、さまざまなスポーツが身近で視聴できるようになるかもしれない

2018/11/07 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
ネット健全化・アンチウイルス

深層学習のアンチウイルスソフト CylanceSophos

アメリカの「CylancePROTECT」やイギリスの「Intercept X 2.0」は深層学習によって、従来のウイルス対策ソフトよりも高い検出率を実現した

2018/10/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました