収穫作業

農業用トラクターの部分的な自動運転

アメリカでは、農業用トラクターで部分的な自動運転機能が実用化され、普及し始めている

詳しく読む
RELATED POST
車・交通

車内温度を持ち主の接近で調整 JAGUAR

JAGUAR「E-PACE」、スマートセッティングを搭載。キーと電話によってドライバーの接近を識別し、寒い日にはステアリングホイールやシートをあらかじめ温めたりなど、時間や場所、天気や行動パターンに基づいて設定を調整する

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
コインロッカー・宅配ボックス

AI公園(コインロッカー顔認証・ジョギング結果自動計算・自動運転バスなど) Baidu

中国のバイドゥ(百度)は、北京海淀公園をリニューアルしたAI公園の一般公開を発表した。
顔認証で利用可能なコインロッカー、園内カメラを利用したジョギング距離・時間の自動計算、ARによる太極拳トレーニング、AIスピーカー設置、自動運転バス「Apolong」での移動など

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
スマホアプリ

農作物の病気・健康状態を写真で診断 PEAT

ドイツのPEATは、画像認識によって植物の病気や外注、健康状態などを瞬時に診断できるスマホアプリ「Plantix」を開発した

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました