収穫作業

農業用トラクターの部分的な自動運転

アメリカでは、農業用トラクターで部分的な自動運転機能が実用化され、普及し始めている

詳しく読む
RELATED POST
バス・タクシー

自動運転タクシー(Waymo) Waymoアルファベット(Google)

自動雲煙開発企業Waymoは行動テスト走行1000万マイル突破。数週間後に有料ロボットタクシーサービスを開始

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
コインロッカー・宅配ボックス

AI公園(コインロッカー顔認証・ジョギング結果自動計算・自動運転バスなど) Baidu

中国のバイドゥ(百度)は、北京海淀公園をリニューアルしたAI公園の一般公開を発表した。
顔認証で利用可能なコインロッカー、園内カメラを利用したジョギング距離・時間の自動計算、ARによる太極拳トレーニング、AIスピーカー設置、自動運転バス「Apolong」での移動など

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
バス・タクシー

配車サービスに顔認証でセキュリティ強化 Uber

アメリカで配車サービスを展開するUberは、「Real-Time ID Check」というセキュリティ機能を導入している。ドライバーには定期的にシフト開始前に自撮り写真撮影を義務付け、その写真が登録された写真と異なる場合は調査を行なう仕組み。ドライバーの身元をはっきりさせることで乗客の安全強化を図る

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました