収穫作業

農業用トラクターの部分的な自動運転

アメリカでは、農業用トラクターで部分的な自動運転機能が実用化され、普及し始めている

詳しく読む
RELATED POST
車・交通

車内温度を持ち主の接近で調整 JAGUAR

JAGUAR「E-PACE」、スマートセッティングを搭載。キーと電話によってドライバーの接近を識別し、寒い日にはステアリングホイールやシートをあらかじめ温めたりなど、時間や場所、天気や行動パターンに基づいて設定を調整する

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
バス・タクシー

配車サービスに顔認証でセキュリティ強化 Uber

アメリカで配車サービスを展開するUberは、「Real-Time ID Check」というセキュリティ機能を導入している。ドライバーには定期的にシフト開始前に自撮り写真撮影を義務付け、その写真が登録された写真と異なる場合は調査を行なう仕組み。ドライバーの身元をはっきりさせることで乗客の安全強化を図る

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
栽培管理

農場での害虫把握 LocixNTTドコモ

NTTドコモは、農場を省電力カメラで定点観測し、AI画像解析を行なうことで、害虫の発生状況を把握するシステムの実証実験を行なっている。害虫を捕獲する粘着シートをハイビジョンカメラで撮影し、種類と数を自動検出。従来は人力で粘着シートを確認し、経験値で発生状況を推定していた

2018/10/31 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました