レジ

ICタグ不要、低コストの無人レジ

アメリカのStandard Cognitionは、天井設置のカメラのみで買い物客と商品の動きを認識する無人レジを開発し、日本最大手の日用品卸パルタックと提携し日本進出する。商品へのICタグの付与は不要で、低コストで導入できるのが強み。東京五輪までに3000店舗に導入を目指す

詳しく読む
RELATED POST
レジ

決済不要、客の顔認識をする無人コンビニ Lenovo

Lenovoは中国北京にある敷地内に無人のコンビニ「enovo Lecoo Unmanned Store」を開店した。入り口で客の顔を認識し、客は商品を手に取りそのまま店を出れば買い物完了。決済用のレジはなく、店を出るとモバイル決済が行なわれる

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
仕分け

複雑な仕分け作業の自動化

搬送関連機器メーカー「伊東電機」、複雑な仕分け作業を自動化するシステムを開発。AIと高速コンベアーにより種類別に商品を保管・取り出しが可能に

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
流通業界

物流センター内を最適ルートで搬送、1,000kgまで対応 ギークプラス

ギークプラスのAI物流ロボ「EVE SLAM」はロボットが周囲の状況を把握し、最適なルートを走行。物流センターや製造工場などの床面の工事も不要。最大1,000kgまで搬送可能。

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました