レジ

ICタグ不要、低コストの無人レジ

アメリカのStandard Cognitionは、天井設置のカメラのみで買い物客と商品の動きを認識する無人レジを開発し、日本最大手の日用品卸パルタックと提携し日本進出する。商品へのICタグの付与は不要で、低コストで導入できるのが強み。東京五輪までに3000店舗に導入を目指す

詳しく読む
RELATED POST
マーケティング

小売業向け分析ツール(カメラで客層判別) GMOクラウド

GMOクラウド、小売業向けの実店舗来店客分析サービス「Diversity Insight for Retail byGMO」提供開始。既存の防犯カメラなどの映像から来店客の属性を分析。仕入れや販売戦略、レイアウト変更などの効果検証などに利用できる

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
レジ

商品タグ・商品スキャン不要の無人レジ サインポスト東日本旅客鉄道(JR東日本)

JR東、無人レジの実証実験を赤羽駅でスタート。商品タグ不要、商品スキャン作業不要。80台のカメラを使い手に取った商品・戻した商品を把握し自動計算→Suicaで決済

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
流通業界

人員配置の最適化 加藤産業

加藤産業はAIの機械学習を活用し、物流施設の人員配置効率化に取り組む。施設のセンター長の業務負担軽減へ

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました