セキュリティゲート

空港の検閲探知犬の配置をAIで効率化

韓国の仁川国際空港は、50万件にもおよぶ旅客機の入港情報、37万件もの検疫・摘発結果、検疫探知犬の配置状況などを学習させ、検閲探知犬の最適配置などに活用している

詳しく読む
RELATED POST
詐欺被害防止

詐欺被害直前、ATMでの動作をカメラが検知→警告 オプティム佐賀県警佐賀銀行

振り込め詐欺被害を食い止めるために、ATMを操作する様子をAIが解析。被害に遭いそうな人がいた場合、行員に警告が届く

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
犯人捜索

監視カメラに映った不鮮明ナンバープレート判別 滋賀県警科学捜査研究所

滋賀県警の科捜研、防犯カメラでとらえたナンバープレートの画像をAIで鮮明化することに成功。光や画像のノイズで不鮮明で読み込みが困難だった平仮名部分も判別しやすくなる。実用化後は、逃走車のナンバー割り出しに役立てられる

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

スポーツイベント、顔とIDカードで本人確認 日本電気(NEC)

ラグビーワールドカップ2019に本大会では、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用し、顔とIDカードによってメディア入り口で本人確認を行なう。そのため、事前にメディア関係者は顔画像を登録する

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました