セキュリティゲート

空港の検閲探知犬の配置をAIで効率化

韓国の仁川国際空港は、50万件にもおよぶ旅客機の入港情報、37万件もの検疫・摘発結果、検疫探知犬の配置状況などを学習させ、検閲探知犬の最適配置などに活用している

詳しく読む
RELATED POST
バス・タクシー

バスターミナルのカメラで混雑把握・高度見守りサービス 九州大学日立製作所昭和自動車

九州大学、日立製作所、昭和バスを運営する昭和自動車の3社は、新しいバスターミナルに数台のネットワークカメラを設置し、混雑状況などを可視化する仕組みを構築する。バス運行計画の最適化に加え、高度見守りサービスに必要となる、人のふるまいの検知に関する実証実験も行なう

2018/11/13 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
空き巣対策

家族以外の出入りを見張る監視カメラ eyecloud

誰が建物に出入りしたかをスマホに連絡するAI搭載監視カメラ「EyeCloudCam」

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
小売

車ナンバー、不鮮明な画像も判別するシステム グローリー

グローリーはAIを活用し、不鮮明に映った車のナンバープレートを読み取る技術を開発。地域名や仮名文字も推測する。捜査機関や小売店での利用を想定

2018/11/01 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました