セキュリティゲート

空港の検閲探知犬の配置をAIで効率化

韓国の仁川国際空港は、50万件にもおよぶ旅客機の入港情報、37万件もの検疫・摘発結果、検疫探知犬の配置状況などを学習させ、検閲探知犬の最適配置などに活用している

詳しく読む
RELATED POST
万引き対策

万引き防止AIカメラ、店員に通知機能あり アースアイズ

万引き防止AIカメラ、不審な人物を検知し店員のスマホに静止画を送信。ドラッグストアでの試験運用では万引き4割減

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

顔認証カメラで犯人捜索

中国、AIを用いたライブ会場の顔認証カメラと公安当局のデータベースを連動させた監視システム「天網」で指名手配犯を摘発。半年で十数人

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
小売

車ナンバー、不鮮明な画像も判別するシステム グローリー

グローリーはAIを活用し、不鮮明に映った車のナンバープレートを読み取る技術を開発。地域名や仮名文字も推測する。捜査機関や小売店での利用を想定

2018/11/01 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました