スポーツ・スポーツ観戦

体操競技の採点を3次元センサーとAIで支援

国際体操連盟は、富士通とともに「採点支援システム」を導入すると発表した。複数のセンサーで選手の動きを全方向から捉え、審判による判定を支援する。選手200人の大会に審判が100人以上必要だったが、その負担軽減に期待がかかる。同時に、AIによる採点技術が高まれば採点の透明性なども高められる見込み。2019年に開催されるドイツでの国際大会から一部の種目で同システムが導入される予定。2020年に男子の跳馬・吊り輪・あん馬、女子の跳馬・平均台の合計5種目での自動採点、2024年には全10種目に広げる計画

詳しく読む
RELATED POST
イベント・ライブ

スポーツ中継の撮影・編集・収録・配信する自動カメラ スカイ・エー

スカイAは、AI機能搭載の自動カメラ「Pixellot」を活用し、フィールドホッケーのライブ配信を試行すると発表した。11月11日に同社公式YouTubeチャンネルにて配信予定。「Pixellot」は設置するだけで撮影、編集、収録、配信を行なう。人件費を含む制作コスト削減が可能で、容易にスポーツ中継を配信することが可能になり、さまざまなスポーツが身近で視聴できるようになるかもしれない

2018/11/07 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
スポーツ・スポーツ観戦

報道やスポーツ映像の音声や出演者などをAI認識→編集効率化 ソニー

国際放送機器展「Inter BEE 2018」のソニーブースでは、報道向けのAI映像解析サービスが出展されている。AIが音声や出演者、テロップやシーンを認識してメタデータを付け、特定の人物が映っているシーンを抽出することなどが可能。スポーツ分野においては、重要なシーンやスコアボードの得点を判定することも

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
コミュニケーション・会話

スポーツ観戦中に試合状況を加味した対話ができるチャットボット NTTドコモ

NTTドコモは、自然対話プラットフォームにおいて、スポーツの試合の状況に応じた対話が可能な機能を開発したことを発表した

2018/11/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました