コミュニケーション・会話

話した言葉を瞬時に翻訳→音声化する多言語翻訳アプリ

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した多言語翻訳アプリ。話し言葉を任意の外国語に翻訳(入力18言語、出力14言語)。テキスト翻訳も可能

詳しく読む
RELATED POST
スマホアプリ

生徒の学習状況を分析→個々の専用レッスンを提供 atama plus

「atama+」はatama plusが提供する学習サービス。生徒一人一人の学習状況をAIが分析し、個別に専用レッスンを提供する。atama+を導入している学習塾の生徒は学習塾や家での勉強に活用できる

2018/11/05 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
スマホアプリ

AIで英語発音を上達させるアプリ ECC

ECCは英語で話すとキャラクターが反応する英会話アプリ「おもてなCity」をApp StoreとGoogle Playに公開した。近大附属小学校でも授業に取り入れる実証実験を行なっている

2018/10/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
レジ

入場時にQRコードをかざすだけ。レジも通らないスーパー Amazon

2018年1月、Amazon Goの一号店がアメリカのシアトルにオープンした。入店時にアプリのQRコードをスキャンすると、棚の商品を手に取るごとにアプリ上のバーチャルカートにも商品が追加される(棚に戻すと削除される)。客同士の受け渡しは禁止。コンピュータビジョン、ディープラーニングアルゴリズム、センサーフュージョンなどの技術を駆使

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました