― TAG ―

Uber

バス・タクシー

配車サービスに顔認証でセキュリティ強化 Uber

アメリカで配車サービスを展開するUberは、「Real-Time ID Check」というセキュリティ機能を導入している。ドライバーには定期的にシフト開始前に自撮り写真撮影を義務付け、その写真が登録された写真と異なる場合は調査を行なう仕組み。ドライバーの身元をはっきりさせることで乗客の安全強化を図る

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました