― TAG ―

本田技研工業

マーケティング

消費者の声を1300項目に分類、ブランド戦略で活用 本田技研工業言語理解研究所

ホンダは、言語理解研究所(ILU)の感性分析AI「ABスクエア」を駆使し、消費者の声を話題・勘定・意図に合わせて1300種類もの項目に分類している。感情に関しては「好意的」「中立」「悪意的」の3つに分類後、さらに「満足」「落胆」など81項目に当てはめる

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました