― TAG ―

未来シェア

バス・タクシー

運行ルートをAIが判断するオンデマンドバス 未来シェア東急電鉄

東急電鉄は新たな移動手段を提供する「郊外型MaaS」の実証実験を開始する。その一つが「オンデマンドバス」で、美しが丘地区と地域拠点施設間を運行する。利用者はスマホで5分前までに予約。その後、10人から14人が定員の小型バスが指定エリアに迎えに来る。運行ルートはAIが適宜判断を行なう

2018/11/01 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
バス・タクシー

配車を最適化した乗合いバス NEDONTTドコモ国立研究開発法人産業技術総合研究所未来シェア神奈川>横浜市

最適ルートを自動化した乗り合い制ワゴン「AIバス」実証実験開始。運行区域は横浜みなとみらい21・関内エリア。

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました