投資・資産運用

相場操縦の監視

日本取引所グループは、相場操縦の監視にAIを導入した。日立製作所とNECがそれぞれ開発、取引案件の疑わしさを1つずつ0~100でランク付けする。審査に着手できた件数は2.2倍増。現段階では閾値を低めに設定しているが、それでも業務量はすでに2~3割程度削減した

詳しく読む
RELATED POST
投資・資産運用

銀行口座の利用傾向から金融アドバイス提供 Blue LabPersonetics富士通

現在欧米大手銀行20行で導入されている「Personetics Engage」の実証実験が開始される。被験者の口座情報、入出金履歴、クレジットカード明細などの情報を分析し、一人一人に適切なフィナンシャルアドバイスを提供

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
投資・資産運用

チャット形式で株式相場の質問に回答 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、ネット上のバーチャル営業店「MUFG」テラスを新設。そのなかで、チャット形式で24時間質問に回答してくれるサービスを提供する。株価の基本的な情報やニュースで話題の銘柄などを尋ねることができる

2018/11/18 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
投資・資産運用

外国為替相場の変動予測 じぶん銀行

じぶん銀行、「AI外貨予測」「AI外貨自動積立」をリリース。「AI外貨予測」は外国為替相場が将来の変動を予測し、1時間以内・1営業日以内・5営業日以内に上昇するかどうかをアイコンで表示する

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました