投資・資産運用

相場操縦の監視

日本取引所グループは、相場操縦の監視にAIを導入した。日立製作所とNECがそれぞれ開発、取引案件の疑わしさを1つずつ0~100でランク付けする。審査に着手できた件数は2.2倍増。現段階では閾値を低めに設定しているが、それでも業務量はすでに2~3割程度削減した

詳しく読む
RELATED POST
投資・資産運用

LINEのチャット画面で株価動向などの質問に回答 SMBC日興証券

SMBC日興証券は、LINEのチャット画面でAIが株価動向などの質問に回答するサービスを提供している。

2018/11/18 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
金融・銀行

住宅ローン事前審査がAIで15分 ソニー銀行三菱UFJフィナンシャル・グループ

三菱UFJ銀行は、これまでより少ない入力で住宅ローンの事前審査が可能な「住宅ローンQuick審査」を開始。Webブラウザから利用でき、すべての手続きがネット上で完結する。事前審査は最短15分程度。NECの異種混合学習技術を使用し、規則性を自動で発見し予測を立てる。同様に、ソニー銀行も住宅ローンの仮審査をAIで自動化した

2018/10/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
問合せ対応(コールセンター等)

コールセンターの対話要約 エーアイスクエア横浜銀行

横浜銀行は、エーアイスクエア独自の文章要約エンジン「QuickSummary +」と音声認識エンジンを使い、オペレーターと顧客とのやり取りの内容を、容易に要約する実証実験を開始。対応後の処理業務軽減と今後のサービス改善を目指す

2018/10/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました