投資・資産運用

相場操縦の監視

日本取引所グループは、相場操縦の監視にAIを導入した。日立製作所とNECがそれぞれ開発、取引案件の疑わしさを1つずつ0~100でランク付けする。審査に着手できた件数は2.2倍増。現段階では閾値を低めに設定しているが、それでも業務量はすでに2~3割程度削減した

詳しく読む
RELATED POST
事務

金融商品の問題案件抽出作業、作業時間4割減 FRONTEOSMBC日興証券りそな銀行三菱東京UFJ銀行横浜銀行

FRONTEOが三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、横浜銀行、SMBC日興証券と行なった実証実験で、投資信託などの販売での問題案件の抽出は、AIが行員の2倍多く、作業時間も4割ほど短縮した。金融商品の確認作業は項目数が膨大であり、業務の効率化への期待がかかる

2018/10/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
事務

金融商品のチラシの表現が妥当かどうかをAIで審査 カブドットコム証券

カブドットコム証券は、営業マンが使う金融商品のチラシについて、金融庁の指針に基づいているかどうかをAIに審査させる仕組みを構築させた

2018/11/18 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
投資・資産運用

AIが分析する投資信託 アセットマネジメントOne

企業業績や株価推移などの膨大なデータをAIが分析する「AI投信」、世界株ファンド「ディープAI」。実績はこれから

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました