マーケティング

消費者の声を1300項目に分類、ブランド戦略で活用

ホンダは、言語理解研究所(ILU)の感性分析AI「ABスクエア」を駆使し、消費者の声を話題・勘定・意図に合わせて1300種類もの項目に分類している。感情に関しては「好意的」「中立」「悪意的」の3つに分類後、さらに「満足」「落胆」など81項目に当てはめる

詳しく読む
RELATED POST
マーケティング

遊園地の来場者の属性や感情可視化 東京サマーランド

東京サマーランドは、ネットワークカメラで撮影した来場者の属性(年齢・性別・感情)などをAIで分析し、来場者属性の可視化を行なっている。顧客満足度向上につなげていく

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マーケティング

シェア自転車の配置台数を最適化 NTTドコモドコモ・バイクシェア

NTTドコモとドコモ・バイクシェアは、シェア自転車の利用実績や気象データをもとにディープラーニングを活用し、自転車の配置を最適化する試みを行なう。「利用したいときに自転車がない」を減らす試み

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
デザイン

商品パッケージのデザイン評価AI プラグ

売り上げに強い影響を与える商品パッケージにAIを活用するシステム「パッケージデザイン評価予測AI」の開発を、プラグは進めている。2019年1月にテスト版を企業向けに提供予定

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました