マーケティング

消費者の声を1300項目に分類、ブランド戦略で活用

ホンダは、言語理解研究所(ILU)の感性分析AI「ABスクエア」を駆使し、消費者の声を話題・勘定・意図に合わせて1300種類もの項目に分類している。感情に関しては「好意的」「中立」「悪意的」の3つに分類後、さらに「満足」「落胆」など81項目に当てはめる

詳しく読む
RELATED POST
マーケティング

ユーザーの行動に合わせた不動産おすすめ情報を、最適なタイミングで配信 野村不動産アーバンネット

不動産情報サイト「ノムコム」はマーケティングオートメーションツール「Probance」を導入した。不動産物件のさまざまな特徴と多岐にわたる顧客ニーズ、顧客の行動履歴を分析し、顧客にとって最適と思われるタイミングでおすすめ物件をメール配信する

2018/10/31 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マーケティング

リスティング広告の運用支援 ジャストシステム

ジャストシステムは、リスティング広告の運用業務を支援するクラウドAIサービス「Listing Auto-Flight」を広告代理店向けに提供開始。広告運用の成果を最大化するための統計処理技術などを活用したAI「桐壺(きりつぼ)」が、リスティング広告の運用業務をトータル支援

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マーケティング

AIを駆使した視聴率予測システム 電通

電通は、「SHAREST_RT」というテレビ視聴率予測を開発した。AIによってテレビ番組視聴率予測が自動化され、業務効率面でも効果が期待

2018/11/01 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました