マーケティング

消費者の声を1300項目に分類、ブランド戦略で活用

ホンダは、言語理解研究所(ILU)の感性分析AI「ABスクエア」を駆使し、消費者の声を話題・勘定・意図に合わせて1300種類もの項目に分類している。感情に関しては「好意的」「中立」「悪意的」の3つに分類後、さらに「満足」「落胆」など81項目に当てはめる

詳しく読む
RELATED POST
マーケティング

物流の需要予測、在庫を置く場所を最適化 スタークス

ネット通販の発展で悲鳴をあげている物流業界で導入が進められている「クラウドロジ」。従来、倉庫からの長距離配送が一般的だったが、どの倉庫にどの商品をどの程度置くかを顧客動向に合わせて最適化。短距離・短時間・低コストでの配送を可能にした。現在前身サービスを含め600社が導入

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マーケティング

シェア自転車の配置台数を最適化 NTTドコモドコモ・バイクシェア

NTTドコモとドコモ・バイクシェアは、シェア自転車の利用実績や気象データをもとにディープラーニングを活用し、自転車の配置を最適化する試みを行なう。「利用したいときに自転車がない」を減らす試み

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
バス・タクシー

タクシーの潜在客を時間帯・場所・天候に応じて予測 グリーンキャブソニーソニーペイメントサービス国際自動車

ソニーとソニーペイメントサービスとタクシー会社5社は2019年度にAIを使ったタクシー需要予測システムを導入する。時間帯や場所、天候に応じて潜在客を予測する

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました