マーケティング

消費者の声を1300項目に分類、ブランド戦略で活用

ホンダは、言語理解研究所(ILU)の感性分析AI「ABスクエア」を駆使し、消費者の声を話題・勘定・意図に合わせて1300種類もの項目に分類している。感情に関しては「好意的」「中立」「悪意的」の3つに分類後、さらに「満足」「落胆」など81項目に当てはめる

詳しく読む
RELATED POST
デザイン

手書きラフから自動デザイン Adobe

アドビのAI「Sensei」、マーケティング担当者の手書きラフを読み取ることで、内容を理解したうえで素材を検索。それらを組み合わせてPR用ビジュアルを作成・提案する機能

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マーケティング

AIを駆使した視聴率予測システム 電通

電通は、「SHAREST_RT」というテレビ視聴率予測を開発した。AIによってテレビ番組視聴率予測が自動化され、業務効率面でも効果が期待

2018/11/01 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
デザイン

商品パッケージのデザイン評価AI プラグ

売り上げに強い影響を与える商品パッケージにAIを活用するシステム「パッケージデザイン評価予測AI」の開発を、プラグは進めている。2019年1月にテスト版を企業向けに提供予定

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました