マーケティング

消費者の声を1300項目に分類、ブランド戦略で活用

ホンダは、言語理解研究所(ILU)の感性分析AI「ABスクエア」を駆使し、消費者の声を話題・勘定・意図に合わせて1300種類もの項目に分類している。感情に関しては「好意的」「中立」「悪意的」の3つに分類後、さらに「満足」「落胆」など81項目に当てはめる

詳しく読む
RELATED POST
マーケティング

テレビショッピングの内容をAIが採点、電話数28%増 NTTデータキューサイ

NTTデータは、AIを駆使して数千通りもの構成案を生成・評価して視聴者電話数を予測する技術を開発した。映像と音声、電話件数を機械学習させたもので、キューサイの商品で導入したところ、電話数は1本目が29%増、2本目が24%増となった

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

展示会の商談相手探し キスモ名古屋商工会議所愛知県愛知>名古屋市

11月7日に開幕する異業種交流展示会「メッセナゴヤ2018」では、メッセナゴヤ実行委員会がキスモと共同開発したビジネスマッチングサービス「メッセナゴヤAIマッチング」を導入する。出展する1400社以上の企業や団体から、来場者にとって最適な出展者を提案し、事前のアポイントをとることで会期中の効率的なビジネス交流を促進する

2018/11/07 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
バス・タクシー

タクシーの配車場所予測 NTTドコモ遠鉄タクシー

タクシーの配車場所の需要予測をAIで。待ち時間を減らし売り上げも増やすねらい

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました