医療

小腸粘膜傷害の画像診断

東大病院などは、医師の負担が大きかった粘膜傷害をAIで診断するシステムを開発した。正解率は9割以上、1万枚以上の小腸の画像を4分弱で診断

詳しく読む
RELATED POST
医療

脳動脈瘤の検出補助→検出率5~10%上昇 大阪市立大学

放射線科医が脳動脈瘤の自動検出アルゴリズム補助を受け、検出率が5~10%上昇

2018/10/26 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

薬剤師の薬に関する質問にAIが回答 岡山大学病院木村情報技術

岡山大学病院薬剤部は、木村情報技術と共同でAI搭載型医薬品情報提供支援ツール「aiPharma」している。病棟の薬剤師が薬に関する質問を自然な話し言葉で入力すると、最適な回答を提供する。AI自身が確信度を判断し、正確に質問を認識できない場合は不用意な回答をしないようになっている。また、関連性の高い回答なども表示する

2018/11/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

過去の対応事例を把握し調べるポイントを提示するサービス 東芝デジタルソリューションズ

東芝デジタルソリューションズは、装置などのトラブル時に業務支援を行なうAIサービス「RECAIUS」を提供開始した。装置などに不具合が発生した場合、保守員が入力した不具合内容のテキストとセンサーデータなどの情報を統合して、過去の類似事例から調べるポイントを提示する。製造現場のほか、医療現場での診断漏れや誤診回避、介護や接客でのトラブル対応・トラブル回避なども支援する

2018/11/07 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました