マーケティング

シェア自転車の配置台数を最適化

NTTドコモとドコモ・バイクシェアは、シェア自転車の利用実績や気象データをもとにディープラーニングを活用し、自転車の配置を最適化する試みを行なう。「利用したいときに自転車がない」を減らす試み

詳しく読む
RELATED POST
介護

簡単な車の運転もできる人型ロボット、将来は介助も 東京大学

東京大学大学院情報システム工学研究室が開発中のロボット「ムサシ」はAIによる運転技術を学んでおり、簡単な車の運転も可能。電気自動車に乗り時速数キロで走行、スタッフが前を横切るとブレーキを踏んで停止する。将来は高齢者の介助・支援が可能なロボットを目指している

2018/11/17 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
暮らし

AIスピーカー(対話型音声操作で調べものや音楽鑑賞) Amazonアルファベット(Google)

アメリカにおいて、AIスピーカー(スマートスピーカー)の利用台数は2018年9月末で5300万台に達した。シェアはAmazonの「Echo」が70%、Google Homeが25%

2018/11/10 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
ライフライン・防災・災害対応

コンビニ店舗の電力をAI制御 MCリテールエナジーローソン三菱商事

ローソンはAIを活用し、店舗電力使用の遠隔・集中制御を行なう「バーチャルパワープラント(仮想発電所、VPP)」事業を開始した。2020年度末までに5000店の通信回線を結び、電力需要を予測することで電力使用を自動で調整する。電気代は年間数億円規模での節約が可能になる見込み

2018/10/30 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました