ネット健全化・アンチウイルス

まだ解析が不十分な詐欺サイトもAIで検知

詐欺サイト対策ソフト「詐欺ウォール/Internet SagiWall」は新バージョンで、フィッシングサイトや偽販売サイトの検知にAIを活用したエンジンを搭載。解析やチューニングの時間、サンプル収集が十分でない詐欺サイトへの有効な対策を行なえる

詳しく読む
RELATED POST
セキュリティゲート

空港の検閲探知犬の配置をAIで効率化 仁川国際空港

韓国の仁川国際空港は、50万件にもおよぶ旅客機の入港情報、37万件もの検疫・摘発結果、検疫探知犬の配置状況などを学習させ、検閲探知犬の最適配置などに活用している

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

スポーツイベント、顔とIDカードで本人確認 日本電気(NEC)

ラグビーワールドカップ2019に本大会では、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用し、顔とIDカードによってメディア入り口で本人確認を行なう。そのため、事前にメディア関係者は顔画像を登録する

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

顔認証カメラで犯人捜索

中国、AIを用いたライブ会場の顔認証カメラと公安当局のデータベースを連動させた監視システム「天網」で指名手配犯を摘発。半年で十数人

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました