暮らし

AI搭載ロボット義足

「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」のシンポジウム「JST CREST xDiversity」にて、ソニーコンピュータサイエンス研究所が開発したロボット義足が公開された。このシンポジウムのなかで、ロボット義足を装着した乙武洋匡さんが電動車いすから立ち上がった。乙武さんはInstagramでも立ち上がった写真を公開している

詳しく読む
RELATED POST
ライフライン・防災・災害対応

停電を防ぐため、電力関連施設をAIが監視

ニューヨーク州では、2012年と2014年に大規模な停電が起きた。それを受けて、変圧ポイントにセンサーを付け機器の状態やフローを記録しビッグデータに集約。AIが修理やメンテナンスの必要な個所を事前に知らせる仕組みを導入した

2018/11/01 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
レジ

パン屋での会計時、商品を自動判別 ブレイン

パン屋でトレイに載せたパンを読み取る「BakeryScan」、会計レジでの入力作業を大幅削減。関西圏を中心に約100店舗(180台)導入(2017年5月時点)

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マーケティング

シェア自転車の配置台数を最適化 NTTドコモドコモ・バイクシェア

NTTドコモとドコモ・バイクシェアは、シェア自転車の利用実績や気象データをもとにディープラーニングを活用し、自転車の配置を最適化する試みを行なう。「利用したいときに自転車がない」を減らす試み

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました