RELATED POST
スマホアプリ

日本語変換アプリ、句読点自動配置や顔文字予測 Baidu

バイドゥの日本語入力アプリ「Simegi」はAIによる音声入力機能のほか、文脈にあった顔文字予測や自動で句読点配置を行なう入力補助機能がある

2018/10/30 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
教育・学校

いじめ検知→担任教員や校長に自動通知 Soter Technologies

アメリカやカナダでは、いじめや電子タバコの検知などに、Soter Technologiesが開発したセンシング装置「フライセンス」が活用されている。たとえば、学校のトイレで普通とは違うレベルの騒音が発生した場合、ケンカやいじめを疑われる状況になったとき、校長や担任教員に自動通知される。アメリカとカナダではすでに200以上の学校で導入されている

2018/11/12 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
スマホアプリ

AIで英語発音を上達させるアプリ ECC

ECCは英語で話すとキャラクターが反応する英会話アプリ「おもてなCity」をApp StoreとGoogle Playに公開した。近大附属小学校でも授業に取り入れる実証実験を行なっている

2018/10/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました