暮らし

視覚が不自由な方向け、指さしたものを読み上げる機器

視覚障がい者が指を指したが何か読み上げてくれる、眼鏡に取り付け可能なデバイス「MyEye2」

詳しく読む
RELATED POST
マーケティング

シェア自転車の配置台数を最適化 NTTドコモドコモ・バイクシェア

NTTドコモとドコモ・バイクシェアは、シェア自転車の利用実績や気象データをもとにディープラーニングを活用し、自転車の配置を最適化する試みを行なう。「利用したいときに自転車がない」を減らす試み

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
コミュニケーション・会話

通話内容を文字で自動保存 アルファベット(Google)

電話で聞いた住所や連絡先、日時などをうっかり忘れてしまった。そんなとき、もし会話を聞き直せればと思った経験は多くの人があるはず。Googleは通話内容を文字に起こし、自動的に通話記録にデータ保存。いつでも読むことができる機能の実装を計画している。2018年にはすべてのPixel 3ユーザーに提供予定

2018/11/21 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
家電

ロボット掃除機 パナソニック千葉工業大学

パナソニックは最新のディープラーニングのロボット掃除機を発表した。部屋の地図も作成するほか「AI床センサー」によって床上の物体を認識し、段差に応じて自動的に本体を持ち上げて走行する。人の動きも認識し、人の後ろをついてくる「otomo機能」も

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました