バス・タクシー

運行ルートをAIが判断するオンデマンドバス

東急電鉄は新たな移動手段を提供する「郊外型MaaS」の実証実験を開始する。その一つが「オンデマンドバス」で、美しが丘地区と地域拠点施設間を運行する。利用者はスマホで5分前までに予約。その後、10人から14人が定員の小型バスが指定エリアに迎えに来る。運行ルートはAIが適宜判断を行なう

詳しく読む
RELATED POST
車・交通

通行止めや除雪の判断にAI活用 東日本高速道路

東日本高速道路は、除雪判断などに習熟した社員減少に伴い、気象状況の変化に対応した除雪や通行止め判断にAIを活用する。効果が出たら対象地域を拡大予定

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
コインロッカー・宅配ボックス

AI公園(コインロッカー顔認証・ジョギング結果自動計算・自動運転バスなど) Baidu

中国のバイドゥ(百度)は、北京海淀公園をリニューアルしたAI公園の一般公開を発表した。
顔認証で利用可能なコインロッカー、園内カメラを利用したジョギング距離・時間の自動計算、ARによる太極拳トレーニング、AIスピーカー設置、自動運転バス「Apolong」での移動など

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
バス・タクシー

タクシーの潜在客を時間帯・場所・天候に応じて予測 グリーンキャブソニーソニーペイメントサービス国際自動車

ソニーとソニーペイメントサービスとタクシー会社5社は2019年度にAIを使ったタクシー需要予測システムを導入する。時間帯や場所、天候に応じて潜在客を予測する

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました