バス・タクシー

運行ルートをAIが判断するオンデマンドバス

東急電鉄は新たな移動手段を提供する「郊外型MaaS」の実証実験を開始する。その一つが「オンデマンドバス」で、美しが丘地区と地域拠点施設間を運行する。利用者はスマホで5分前までに予約。その後、10人から14人が定員の小型バスが指定エリアに迎えに来る。運行ルートはAIが適宜判断を行なう

詳しく読む
RELATED POST
車・交通

通行止めや除雪の判断にAI活用 東日本高速道路

東日本高速道路は、除雪判断などに習熟した社員減少に伴い、気象状況の変化に対応した除雪や通行止め判断にAIを活用する。効果が出たら対象地域を拡大予定

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
渋滞緩和

交通渋滞を抑えるAI信号、緊急車両は優先 アリクラウド海外>中国>杭州市

中国、渋滞する地域にセンサーやカメラを設置し、信号切替時間と渋滞度を機械学習させていくことで渋滞を緩和させる。さらに、救急車や消防車などの緊急車両が通る際はすべての信号を青にする

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
バス・タクシー

配車サービスに顔認証でセキュリティ強化 Uber

アメリカで配車サービスを展開するUberは、「Real-Time ID Check」というセキュリティ機能を導入している。ドライバーには定期的にシフト開始前に自撮り写真撮影を義務付け、その写真が登録された写真と異なる場合は調査を行なう仕組み。ドライバーの身元をはっきりさせることで乗客の安全強化を図る

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました