バス・タクシー

運行ルートをAIが判断するオンデマンドバス

東急電鉄は新たな移動手段を提供する「郊外型MaaS」の実証実験を開始する。その一つが「オンデマンドバス」で、美しが丘地区と地域拠点施設間を運行する。利用者はスマホで5分前までに予約。その後、10人から14人が定員の小型バスが指定エリアに迎えに来る。運行ルートはAIが適宜判断を行なう

詳しく読む
RELATED POST
工場・製造業

電気自動車(EV)用モーターを最適設計 北海道大学明電舎

北海道大学と明電舎は電気自動車(EV)用モーターの最適な設計を支援する人工知能(AI)を開発

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
バス・タクシー

タクシーの配車場所予測 NTTドコモ遠鉄タクシー

タクシーの配車場所の需要予測をAIで。待ち時間を減らし売り上げも増やすねらい

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
渋滞緩和

交通渋滞を抑えるAI信号、緊急車両は優先 アリクラウド海外>中国>杭州市

中国、渋滞する地域にセンサーやカメラを設置し、信号切替時間と渋滞度を機械学習させていくことで渋滞を緩和させる。さらに、救急車や消防車などの緊急車両が通る際はすべての信号を青にする

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました