データ入力・文字起こし・OCR

600万枚の報道写真をデジタル化、自動整理

The New York Timesは、1870年代からの600万枚もの報道写真が保管されている。これを、GoogleのAIツールとストレージを用い、デジタル化と分類を行なう。映っている人物や建物・ランドマークなどを画像認識技術で行なうほか、写真について説明した活字や手書きの文字も読み取る

詳しく読む
RELATED POST
事務

複雑な契約書審査自動チェック、作業時間24時間→1分 リコーリコーICT研究所

他社との契約を結ぶ際の法務部チェックにおいて、自社の契約書テンプレートと比較し、不足事項がないかを確認できる。現在の精度は7、8割

2018/10/27 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
データ入力・文字起こし・OCR

議事録自動作成・要約作成、2人で残業→1時間で完了 メディアドゥ徳島県

徳島県、知事会見のテキスト化・要約作成をAIを利用。従来2人が4日残業していた作業が1人で1時間に短縮。さらに利用範囲を広げ、すべての審議会や協議会の議事録でも本格導入した。作業時間は1/5に削減される見込みで、数か月かかっていた議事録公開が大幅に短縮されることも期待できる

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マッチング

保育所の割り振り自動化、30人で50時間→わずか数秒 九州大学埼玉>さいたま市富士通研究所

保護者の勤務時間や世帯構成などのデータを点数化し高い順に希望の認可保育施設に割り振りを行なうマッチング技術。30人で50時間かけていた7990人分の割り振りがわずか数秒で終了。割り振り結果も職員の手作業とほぼ一致

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました