犯人捜索

監視カメラに映った不鮮明ナンバープレート判別

滋賀県警の科捜研、防犯カメラでとらえたナンバープレートの画像をAIで鮮明化することに成功。光や画像のノイズで不鮮明で読み込みが困難だった平仮名部分も判別しやすくなる。実用化後は、逃走車のナンバー割り出しに役立てられる

詳しく読む
RELATED POST
ネット健全化・アンチウイルス

まだ解析が不十分な詐欺サイトもAIで検知 BBソフトサービス

詐欺サイト対策ソフト「詐欺ウォール/Internet SagiWall」は新バージョンで、フィッシングサイトや偽販売サイトの検知にAIを活用したエンジンを搭載。解析やチューニングの時間、サンプル収集が十分でない詐欺サイトへの有効な対策を行なえる

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
ネット健全化・アンチウイルス

サイバー攻撃検出をAI自動判定 日立製作所

日立製作所は、過去の事例に基づいてサイバー攻撃検出を判定する「セキュリティ監視業務効率化AIソリューション」を提供開始

2018/10/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

顔認証カメラで犯人捜索

中国、AIを用いたライブ会場の顔認証カメラと公安当局のデータベースを連動させた監視システム「天網」で指名手配犯を摘発。半年で十数人

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました