犯人捜索

監視カメラに映った不鮮明ナンバープレート判別

滋賀県警の科捜研、防犯カメラでとらえたナンバープレートの画像をAIで鮮明化することに成功。光や画像のノイズで不鮮明で読み込みが困難だった平仮名部分も判別しやすくなる。実用化後は、逃走車のナンバー割り出しに役立てられる

詳しく読む
RELATED POST
犯人捜索

街中のAI監視カメラで容疑者や逃走車を発見

中国上海では、街中のAI搭載の防犯カメラによる治安管理システム実用化が進んでいる。カメラは警察のネットワーク・データベースとつながっており、人物の顔や車のナンバープレートから犯罪容疑者や逃走車両を見つけ出す仕組み

2018/10/30 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
小売

車ナンバー、不鮮明な画像も判別するシステム グローリー

グローリーはAIを活用し、不鮮明に映った車のナンバープレートを読み取る技術を開発。地域名や仮名文字も推測する。捜査機関や小売店での利用を想定

2018/11/01 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
詐欺被害防止

クレジットカードの不正使用検知 PKSHA Technologyクレディセゾン

クレディセゾンはクレジットカードの不正使用検知システムに「PREDICO for Financial Intelligence」を導入。トレンド追従型

2018/10/27 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました