医療

認知症を目の動きでチェック、スマホカメラを利用

アメリカのNeurotrackは、Karolinska Institutet(カロリンスカ研究所)の監修のもと、認知機能チェックができる仕組みを実用化している。動画を視聴している際の動きをスマホカメラで撮影し、それをアルゴリズムとAIで解析する。第一生命の「『健康第一』認知症予防アプリ」で利用可能

詳しく読む
RELATED POST
トイレ

トイレでの忘れ物を検知→音声案内、倒れた場合は警告灯 リング名古屋中日本ハイウェイ・エンジニア中日本高速道路木村技研

高速道路SA・PA、トイレ個室の忘れ物をAIが検知し声と照明で知らせる仕組みの試行結果が良好。入室後、一定時間動きがない場合は警告灯で室外に知らせる機能もある。来年より管内6601ヵ所の個室に順次導入へ。カメラなどでの撮影はなく、物体の輪郭を検知しプライバシーにも配慮

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

過去の対応事例を把握し調べるポイントを提示するサービス 東芝デジタルソリューションズ

東芝デジタルソリューションズは、装置などのトラブル時に業務支援を行なうAIサービス「RECAIUS」を提供開始した。装置などに不具合が発生した場合、保守員が入力した不具合内容のテキストとセンサーデータなどの情報を統合して、過去の類似事例から調べるポイントを提示する。製造現場のほか、医療現場での診断漏れや誤診回避、介護や接客でのトラブル対応・トラブル回避なども支援する

2018/11/07 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

3分問診で患者の鑑別を事前把握→自動カルテ生成 Ubie

ヘルステックスタートアップ企業の「Ubie」は、3分問診で患者の鑑別を事前に把握し、ボタン1つで自動カルテを生成するAI問診「Ubie」や、自宅からスマホで簡単に病気予測できるAndroid向けアプリ「Dr.Ubie」を提供している

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました