工場・製造業

製品検査の自動化、増加時はアラート

NECソリューションイノベータ、AI技術を用いた画像分析で生産品の個数カウントと、良品・不良品の自動判定を行なうソリューション提供開始。生産進捗状況や不良品発生状況をグラフ化する機能もあり、不良品が増えた場合はアラート表示も

詳しく読む
RELATED POST
工場・製造業

ドリル加工の異常を検知 オークマ日本電気(NEC)

オークマとNECは、工作機械が自動的にドリル加工の異常を検知する技術「OSP-AI 加工診断」を開発したと発表した。ドリルが破損する前に加工を停止でき、工具などへのダメージも最小限にすることができる。AIにはNECの「RAPID機械学習技術」が活用されている。

2018/11/17 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

過去の対応事例を把握し調べるポイントを提示するサービス 東芝デジタルソリューションズ

東芝デジタルソリューションズは、装置などのトラブル時に業務支援を行なうAIサービス「RECAIUS」を提供開始した。装置などに不具合が発生した場合、保守員が入力した不具合内容のテキストとセンサーデータなどの情報を統合して、過去の類似事例から調べるポイントを提示する。製造現場のほか、医療現場での診断漏れや誤診回避、介護や接客でのトラブル対応・トラブル回避なども支援する

2018/11/07 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
公務員・役所・地方自治体など

河川護岸の損傷をチェック、判定結果は技術者レベル 八千代エンジニヤリング

八千代エンジニヤリングは、河川の護岸の維持管理にAIを用い、点検効率化を可能にするシステムを構築した。1万枚以上の写真をAIに学習させ、河川技術者とほぼ同じ判定結果を出せるようになった

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました