事務

金融商品の問題案件抽出作業、作業時間4割減

FRONTEOが三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、横浜銀行、SMBC日興証券と行なった実証実験で、投資信託などの販売での問題案件の抽出は、AIが行員の2倍多く、作業時間も4割ほど短縮した。金融商品の確認作業は項目数が膨大であり、業務の効率化への期待がかかる

詳しく読む
RELATED POST
事務

役所の保育所割振り業務自動化 香川>高松市

保育所の入所選考に必要な膨大なデータ(保護者の労働時間や妊娠の有無、親族介護の必要性など)をAIが点数化。並べ替え作業は600時間が数秒に改善見込み

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
投資・資産運用

銀行口座の利用傾向から金融アドバイス提供 Blue LabPersonetics富士通

現在欧米大手銀行20行で導入されている「Personetics Engage」の実証実験が開始される。被験者の口座情報、入出金履歴、クレジットカード明細などの情報を分析し、一人一人に適切なフィナンシャルアドバイスを提供

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マッチング

保育所の割り振り自動化、30人で50時間→わずか数秒 九州大学埼玉>さいたま市富士通研究所

保護者の勤務時間や世帯構成などのデータを点数化し高い順に希望の認可保育施設に割り振りを行なうマッチング技術。30人で50時間かけていた7990人分の割り振りがわずか数秒で終了。割り振り結果も職員の手作業とほぼ一致

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました