事務

金融商品の問題案件抽出作業、作業時間4割減

FRONTEOが三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、横浜銀行、SMBC日興証券と行なった実証実験で、投資信託などの販売での問題案件の抽出は、AIが行員の2倍多く、作業時間も4割ほど短縮した。金融商品の確認作業は項目数が膨大であり、業務の効率化への期待がかかる

詳しく読む
RELATED POST
事務

転入転出など手続きの届出書自動作成サービス 滋賀>長浜市

滋賀県長浜市は転入転出などの手続き方法を案内するプログラム「QAチャットボット」をサイト上で開始。届出書自動作成サービス「CHA-CHAT申請」の実験も

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
データ入力・文字起こし・OCR

レシートや銀行明細、クレカやICカードなどの取引データを自動仕訳 弥生

会計ソフト「弥生19シリーズ」はレシート、銀行明細、クレジットカード、ICカードなどの取引データをAIが自動仕訳する機能を強化。経理担当者の負担軽減と業務効率化をサポート

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
投資・資産運用

LINEのチャット画面で株価動向などの質問に回答 SMBC日興証券

SMBC日興証券は、LINEのチャット画面でAIが株価動向などの質問に回答するサービスを提供している。

2018/11/18 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました