万引き対策

万引き防止AIカメラ、店員に通知機能あり

万引き防止AIカメラ、不審な人物を検知し店員のスマホに静止画を送信。ドラッグストアでの試験運用では万引き4割減

詳しく読む
RELATED POST
レジ

ICタグ不要、低コストの無人レジ Standard Cognitionパルタック

アメリカのStandard Cognitionは、天井設置のカメラのみで買い物客と商品の動きを認識する無人レジを開発し、日本最大手の日用品卸パルタックと提携し日本進出する。商品へのICタグの付与は不要で、低コストで導入できるのが強み。東京五輪までに3000店舗に導入を目指す

2018/11/10 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
小売

車ナンバー、不鮮明な画像も判別するシステム グローリー

グローリーはAIを活用し、不鮮明に映った車のナンバープレートを読み取る技術を開発。地域名や仮名文字も推測する。捜査機関や小売店での利用を想定

2018/11/01 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
犯人捜索

監視カメラに映った不鮮明ナンバープレート判別 滋賀県警科学捜査研究所

滋賀県警の科捜研、防犯カメラでとらえたナンバープレートの画像をAIで鮮明化することに成功。光や画像のノイズで不鮮明で読み込みが困難だった平仮名部分も判別しやすくなる。実用化後は、逃走車のナンバー割り出しに役立てられる

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました