医療

AIが救急出動の予測し救急車を最適配置、搬送までの時間を短縮へ

名古屋市消防局は、救急車の出動が増えそうな場所をAIによって予測する実証実験を開始する。過去9年間に市内で救急搬送された人の年齢や性別、病状や場所・天気などの190万件ものデータをもとに、出動が増えそうな場所を予測する

詳しく読む
RELATED POST
トイレ

トイレでの忘れ物を検知→音声案内、倒れた場合は警告灯 リング名古屋中日本ハイウェイ・エンジニア中日本高速道路木村技研

高速道路SA・PA、トイレ個室の忘れ物をAIが検知し声と照明で知らせる仕組みの試行結果が良好。入室後、一定時間動きがない場合は警告灯で室外に知らせる機能もある。来年より管内6601ヵ所の個室に順次導入へ。カメラなどでの撮影はなく、物体の輪郭を検知しプライバシーにも配慮

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

3分問診で患者の鑑別を事前把握→自動カルテ生成 Ubie

ヘルステックスタートアップ企業の「Ubie」は、3分問診で患者の鑑別を事前に把握し、ボタン1つで自動カルテを生成するAI問診「Ubie」や、自宅からスマホで簡単に病気予測できるAndroid向けアプリ「Dr.Ubie」を提供している

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

薬剤師の薬に関する質問にAIが回答 岡山大学病院木村情報技術

岡山大学病院薬剤部は、木村情報技術と共同でAI搭載型医薬品情報提供支援ツール「aiPharma」している。病棟の薬剤師が薬に関する質問を自然な話し言葉で入力すると、最適な回答を提供する。AI自身が確信度を判断し、正確に質問を認識できない場合は不用意な回答をしないようになっている。また、関連性の高い回答なども表示する

2018/11/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました