医療

AIが救急出動の予測し救急車を最適配置、搬送までの時間を短縮へ

名古屋市消防局は、救急車の出動が増えそうな場所をAIによって予測する実証実験を開始する。過去9年間に市内で救急搬送された人の年齢や性別、病状や場所・天気などの190万件ものデータをもとに、出動が増えそうな場所を予測する

詳しく読む
RELATED POST
医療

将来の糖尿病リスクを診断 国立国際医療研究センター

国立国際医療研究センター、3年後に糖尿病を患う可能性を予測するページを公開。約3万人の健康診断データをもとに開発。健康診断の結果をもとにサイト上で誰でも利用可能

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

過去の対応事例を把握し調べるポイントを提示するサービス 東芝デジタルソリューションズ

東芝デジタルソリューションズは、装置などのトラブル時に業務支援を行なうAIサービス「RECAIUS」を提供開始した。装置などに不具合が発生した場合、保守員が入力した不具合内容のテキストとセンサーデータなどの情報を統合して、過去の類似事例から調べるポイントを提示する。製造現場のほか、医療現場での診断漏れや誤診回避、介護や接客でのトラブル対応・トラブル回避なども支援する

2018/11/07 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

細胞や組織の画像から胃がん判定 日本病理学会

日本病理学会は、患者から採取した細胞や組織の画像から胃がんを判定する診断支援システムの試験運用を開始する。AIに3000枚の画像を学習させ、98%の精度で判定が可能になった

2018/11/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました