小売

車ナンバー、不鮮明な画像も判別するシステム

グローリーはAIを活用し、不鮮明に映った車のナンバープレートを読み取る技術を開発。地域名や仮名文字も推測する。捜査機関や小売店での利用を想定

詳しく読む
RELATED POST
ネット健全化・アンチウイルス

まだ解析が不十分な詐欺サイトもAIで検知 BBソフトサービス

詐欺サイト対策ソフト「詐欺ウォール/Internet SagiWall」は新バージョンで、フィッシングサイトや偽販売サイトの検知にAIを活用したエンジンを搭載。解析やチューニングの時間、サンプル収集が十分でない詐欺サイトへの有効な対策を行なえる

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
小売

百貨店の混雑状況を訪問客に提供 バカン大丸松坂屋百貨店東日本電信電話(NTT東日本)

大丸松坂屋百貨店は、NTT東日本とバカンと共同で、札幌店の店舗内の混雑状況をAIが解析し、訪問客がスマホなどでリアルタイムに確認できるサービスを12月1日より開始する。従来、実際に足を運ばなければ分からなかった混雑具合を手元で確認できるようにすることにより、効率的に来店客が周流できることが期待できる

2018/11/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

スポーツイベント、顔とIDカードで本人確認 日本電気(NEC)

ラグビーワールドカップ2019に本大会では、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用し、顔とIDカードによってメディア入り口で本人確認を行なう。そのため、事前にメディア関係者は顔画像を登録する

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました