小売

車ナンバー、不鮮明な画像も判別するシステム

グローリーはAIを活用し、不鮮明に映った車のナンバープレートを読み取る技術を開発。地域名や仮名文字も推測する。捜査機関や小売店での利用を想定

詳しく読む
RELATED POST
小売

提携業務の自動化、携帯キャリアの人員4割削減へ ソフトバンクモバイル

ソフトバンクモバイルは、通信事業に関わる社員を4割削減する見通しを発表した。RPA(Robotic Process Automation)とAIで定型業務の自動化・業務効率化を進める

2018/11/07 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
空き巣対策

家族以外の出入りを見張る監視カメラ eyecloud

誰が建物に出入りしたかをスマホに連絡するAI搭載監視カメラ「EyeCloudCam」

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
イベント・ライブ

ライブ入場に顔認証チケット、転売防止・入場時間半減へ NECソリューションイノベータ日本電気(NEC)

11月に国内7か所で行なわれる宇多田ヒカルコンサートツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」では、NECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術「NeoFace」を活用する。ツアー参加者は申込段階で顔写真の登録を行なっている。転売防止を徹底させ、入場にかかる時間は半減。参加者にも好評

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました