暮らし

AIに困窮相談。支援もれを減らす取り組み

おもに30代以下の子育て世代に向け、NPO法人POPOLOはAIとチャット会話することで世帯状況や意向を確認し、食糧支援を進める仕組み。過去1万件の支援事例をAIに記憶させた

詳しく読む
RELATED POST
コミュニケーション・会話

話した言葉を瞬時に翻訳→音声化する多言語翻訳アプリ NICT

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した多言語翻訳アプリ。話し言葉を任意の外国語に翻訳(入力18言語、出力14言語)。テキスト翻訳も可能

2018/10/27 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
介護

日に応じたデイサービス送迎計画の提案 ケアパートナーパナソニック カーエレクトロニクス

デイサービスで大きな労力の一つとなっている送迎業務の課題を解決するため、ケアパートナーはパナソニック カーエレクトロニクスの業務用車両管理サービス「DRIVEBOSS」を活用した送迎支援システムを導入する。その日の条件に合わせた送迎計画の提案、安全運転や安全な場所での乗降介助などを案内。実証実験では時間短縮ができたほか、経験の浅いスタッフでも送迎計画の作成ができ、本格導入に至った。手作業による送迎計画作成は、本システム導入によって送迎関連業務の時間を50%削減できる見込み

2018/11/07 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
家電

TVリモコンでテレビや家電を音声操作 シャープ

シャープはAndroid TVを搭載した液晶テレビ「AQUOS 4K」11機種にAndroid 8.0 Oreoへのアップデートを開始する。Googleアシスタントに対応し、リモコンのマイクで番組検索や天気の確認ができるほか、ヘルシオやエアコンなどの対応家電製品の操作も可能

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました