事務

複雑な契約書審査自動チェック、作業時間24時間→1分

他社との契約を結ぶ際の法務部チェックにおいて、自社の契約書テンプレートと比較し、不足事項がないかを確認できる。現在の精度は7、8割

詳しく読む
RELATED POST
データ入力・文字起こし・OCR

書類をスキャン後自動振り分け、文字もデータ化 PFU富士通

書類をワンタッチで電子化するAI学習スキャナ「ScanSnap iX1500」販売開始。電子データは自動振り分けされ、全文検索も可能

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
データ入力・文字起こし・OCR

手書き文字も高精度でデジタル化するOCR AI insideスターティアレイズ

スターティアレイズはAI insideが開発・提供するAI技術搭載のOCRサービス「DX Suite」の販売パートナーシップ契約を締結。「DX Suite」は手書き文書も高精度でデジタル化する。

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マッチング

保育所の入所選考ソフトを役所向けに提供開始、10日以上→わずか数秒 富士通福島県郡山市

富士通は、AIが入所選考基準と保護者の希望をもとに、各保育所の割り当てを行なう実証実験を、これまで30以上の自治体で行なってきた。10日以上かかっていたこともある入所選考事務を、複雑な選考パターンやロジックでわずか数秒程度まで短縮でき、市区町村の役所向けにソフトウェアとして提供を開始した。今後は、紙で届いた申請者情報をシステムに入力する業務なども自動化するなど、自治体業務のIT化を進めていく見込み。《追記11/27》福島県郡山市が試験導入

2018/11/12 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました