介護

介護記録作成でIoTとAI、手書きと比べ作業時間4割減

ウチヤマホールディングスと九州工業大はIoT技術を活用し、入浴やリハビリなどの介護記録の作成簡素化の実証実験を行ない、従来の手書き作業と比べ最大4割短縮を実現した。介護職員に位置や体の動きを検知するセンサーを携帯してもらい、職員の活動を検知することで、どの介護サービスを行なったかをAIが判断する

詳しく読む
RELATED POST
マーケティング

シェア自転車の配置台数を最適化 NTTドコモドコモ・バイクシェア

NTTドコモとドコモ・バイクシェアは、シェア自転車の利用実績や気象データをもとにディープラーニングを活用し、自転車の配置を最適化する試みを行なう。「利用したいときに自転車がない」を減らす試み

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
暮らし

個々のおすすめビールを診断 キリン

キリンはAIを活用し、約10個の質問に答えるだけで本人が自覚していないビールの嗜好を予測するサービス「ビアナビ」をテスト展開した

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
暮らし

AIスピーカー(対話型音声操作で調べものや音楽鑑賞) Amazonアルファベット(Google)

アメリカにおいて、AIスピーカー(スマートスピーカー)の利用台数は2018年9月末で5300万台に達した。シェアはAmazonの「Echo」が70%、Google Homeが25%

2018/11/10 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました