介護

介護記録作成でIoTとAI、手書きと比べ作業時間4割減

ウチヤマホールディングスと九州工業大はIoT技術を活用し、入浴やリハビリなどの介護記録の作成簡素化の実証実験を行ない、従来の手書き作業と比べ最大4割短縮を実現した。介護職員に位置や体の動きを検知するセンサーを携帯してもらい、職員の活動を検知することで、どの介護サービスを行なったかをAIが判断する

詳しく読む
RELATED POST
暮らし

AIスピーカー(対話型音声操作で調べものや音楽鑑賞) Amazonアルファベット(Google)

アメリカにおいて、AIスピーカー(スマートスピーカー)の利用台数は2018年9月末で5300万台に達した。シェアはAmazonの「Echo」が70%、Google Homeが25%

2018/11/10 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
レジ

パン屋での会計時、商品を自動判別 ブレイン

パン屋でトレイに載せたパンを読み取る「BakeryScan」、会計レジでの入力作業を大幅削減。関西圏を中心に約100店舗(180台)導入(2017年5月時点)

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
家電

住宅性能を分析し室温検査を先読み、一人一人に合わせて風を送るエアコン 三菱電機

三菱電機のルームエアコンは、断熱性・気密性・広さなどを考慮して室温調整を行なう。窓などからの外気温や日射量低下などを検知して室温変化を先読みする。さらに、「ムーブアイmirA.I.」が日々の運転の中で住宅の暖まりやすさ・冷えやすさを分析する。また、左右独立駆動のファンで、一人一人の温度の感じ方の差や変化に合わせて気流の強弱や方向もコントロールする

2018/11/18 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました