介護

介護記録作成でIoTとAI、手書きと比べ作業時間4割減

ウチヤマホールディングスと九州工業大はIoT技術を活用し、入浴やリハビリなどの介護記録の作成簡素化の実証実験を行ない、従来の手書き作業と比べ最大4割短縮を実現した。介護職員に位置や体の動きを検知するセンサーを携帯してもらい、職員の活動を検知することで、どの介護サービスを行なったかをAIが判断する

詳しく読む
RELATED POST
暮らし

AI搭載U字型の全自動歯ブラシ、20秒で歯磨き完了 Babahu

BABAHU X1は、マウスピース型の全自動歯ブラシ。6列のブラシが角度45度からしっかり磨く。AIを搭載し、歯医者が推奨する磨き方を実現

2018/11/26 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
天気予報

天気予報の降水分布を場所・時間ともにより詳細に ウェザーニューズ

ウェザーニューズは、気象庁の実況観測データや衛星画像、独自観測機による観測データなどを独自のAI技術で高精度化を実現した。降水分布は1kmメッシュから250mメッシュへ、1時間後移行の降水分布も1時間間隔から10分間隔になった。ゲリラ豪雨なども従来の予報より正確になった

2018/11/21 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
暮らし

たくさんの洗濯物を丁寧に節水で洗える洗濯機 日立アプライアンス

日立のドラム洗濯機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-NX120C」は、布量、水硬度、水温、洗剤種類、布動き、汚れの量、布質、すすぎ具合、脱水具合を9つのセンサーで見極め、水位や洗剤量、洗い方や回転数などを判断する

2018/11/05 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました