介護

介護記録作成でIoTとAI、手書きと比べ作業時間4割減

ウチヤマホールディングスと九州工業大はIoT技術を活用し、入浴やリハビリなどの介護記録の作成簡素化の実証実験を行ない、従来の手書き作業と比べ最大4割短縮を実現した。介護職員に位置や体の動きを検知するセンサーを携帯してもらい、職員の活動を検知することで、どの介護サービスを行なったかをAIが判断する

詳しく読む
RELATED POST
家電

空気の汚れを先読みし自動運転するエアコン パナソニック

パナソニックのエアコン「エオリア」には、室内の空気の汚れを先読みし、汚染度に合わせて自動運転する「AI先読み空気清浄」が搭載された

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
レジ

入場時にQRコードをかざすだけ。レジも通らないスーパー Amazon

2018年1月、Amazon Goの一号店がアメリカのシアトルにオープンした。入店時にアプリのQRコードをスキャンすると、棚の商品を手に取るごとにアプリ上のバーチャルカートにも商品が追加される(棚に戻すと削除される)。客同士の受け渡しは禁止。コンピュータビジョン、ディープラーニングアルゴリズム、センサーフュージョンなどの技術を駆使

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
介護

高齢者の体調異常時に通知 スマートシティたかまつ推進協議会香川高等専門学校香川>高松市

高松市、IoTとAIで高齢者を見守る取り組み、来年度実用化へ。心拍数などに異常があった際は家族のスマホへ通知。常時安否確認も可能

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました