介護

介護記録作成でIoTとAI、手書きと比べ作業時間4割減

ウチヤマホールディングスと九州工業大はIoT技術を活用し、入浴やリハビリなどの介護記録の作成簡素化の実証実験を行ない、従来の手書き作業と比べ最大4割短縮を実現した。介護職員に位置や体の動きを検知するセンサーを携帯してもらい、職員の活動を検知することで、どの介護サービスを行なったかをAIが判断する

詳しく読む
RELATED POST
マッサージ

学習するマッサージチェア、つかみ揉みも ファミリーイナダ

マッサージが上手な人の技術をAIに学習させ、常にバージョンアップするマッサージチェア「LUPINUS ROBO」発表。人の指でいう第二関節を作り、つかみ揉みも実現

2018/10/26 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
レジ

パン屋での会計時、商品を自動判別 ブレイン

パン屋でトレイに載せたパンを読み取る「BakeryScan」、会計レジでの入力作業を大幅削減。関西圏を中心に約100店舗(180台)導入(2017年5月時点)

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
コミュニケーション・会話

通話内容を文字で自動保存 アルファベット(Google)

電話で聞いた住所や連絡先、日時などをうっかり忘れてしまった。そんなとき、もし会話を聞き直せればと思った経験は多くの人があるはず。Googleは通話内容を文字に起こし、自動的に通話記録にデータ保存。いつでも読むことができる機能の実装を計画している。2018年にはすべてのPixel 3ユーザーに提供予定

2018/11/21 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました