流通業界

人員配置の最適化

加藤産業はAIの機械学習を活用し、物流施設の人員配置効率化に取り組む。施設のセンター長の業務負担軽減へ

詳しく読む
RELATED POST
ライフライン・防災・災害対応

コンビニ店舗の電力をAI制御 MCリテールエナジーローソン三菱商事

ローソンはAIを活用し、店舗電力使用の遠隔・集中制御を行なう「バーチャルパワープラント(仮想発電所、VPP)」事業を開始した。2020年度末までに5000店の通信回線を結び、電力需要を予測することで電力使用を自動で調整する。電気代は年間数億円規模での節約が可能になる見込み

2018/10/30 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
流通業界

倉庫での9工程自動化、人員9割減、8時間→15分 ダイフクユニクロ(ファーストリテイリング)

ユニクロ、商品積み下ろし・倉庫内運搬・梱包・配送コンテナ片づけなど9工程をAIやロボットで自動化、人員9割削減。従来8時間の作業を15分に短縮

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
小売

百貨店の混雑状況を訪問客に提供 バカン大丸松坂屋百貨店東日本電信電話(NTT東日本)

大丸松坂屋百貨店は、NTT東日本とバカンと共同で、札幌店の店舗内の混雑状況をAIが解析し、訪問客がスマホなどでリアルタイムに確認できるサービスを12月1日より開始する。従来、実際に足を運ばなければ分からなかった混雑具合を手元で確認できるようにすることにより、効率的に来店客が周流できることが期待できる

2018/11/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました