マーケティング

飲食店の客層・需要分析、食材ロス減少

飲食店のAIカメラが客層や売上、気象予報など200項目を分析。来客予想で食材ロスを減らし、売り上げも倍増

詳しく読む
RELATED POST
マーケティング

物流の需要予測、在庫を置く場所を最適化 スタークス

ネット通販の発展で悲鳴をあげている物流業界で導入が進められている「クラウドロジ」。従来、倉庫からの長距離配送が一般的だったが、どの倉庫にどの商品をどの程度置くかを顧客動向に合わせて最適化。短距離・短時間・低コストでの配送を可能にした。現在前身サービスを含め600社が導入

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
外食

飲食店無断キャンセルを防ぐ、AIによる予約確認連絡サービス NTTコミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズは、AIとRPAを用いた飲食店向け予約確認連絡サービス「コンタクトセンターDX ソリューション」の実証実験を開始する。近年、飲食店の無断キャンセルによる食品ロスや経営圧迫が問題になっていることが背景。AIがSMSや電話によってリマインドを自動実行、予約した客に予約内容を再確認してもらう。また、予約変更システムなどへの誘導などをRPAが自動で実行する

2018/11/21 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マーケティング

シェア自転車の配置台数を最適化 NTTドコモドコモ・バイクシェア

NTTドコモとドコモ・バイクシェアは、シェア自転車の利用実績や気象データをもとにディープラーニングを活用し、自転車の配置を最適化する試みを行なう。「利用したいときに自転車がない」を減らす試み

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました