医療

インフルエンザの型をAIで高精度識別

大阪大学産業科学研究所は微細な穴を持つセンサーとAIを使い、インフルエンザウイルスの型を高精度に識別することに成功した。年内にも臨床研究を開始し早期実用化を目指す。今後は検出精度向上を図ることで、症状が出ていない人でも判別可能なレベルに高めたい考え

詳しく読む
RELATED POST
医療

健康診断の情報を入力→がんや生活習慣病などの発病確率をAIで予測 SELVAS AI

韓国のSELVAS AIは、BMI、血圧、コレステロール値、問診情報など計20項目の健康診断結果データを入力するだけで、がんや生活習慣病などの主要10疾病の発病確率を予測、健康アドバイスを行なう「Selvy Checkup」を日本で提供開始する。

2018/11/21 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

3分問診で患者の鑑別を事前把握→自動カルテ生成 Ubie

ヘルステックスタートアップ企業の「Ubie」は、3分問診で患者の鑑別を事前に把握し、ボタン1つで自動カルテを生成するAI問診「Ubie」や、自宅からスマホで簡単に病気予測できるAndroid向けアプリ「Dr.Ubie」を提供している

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

乳がん検出 アルファベット(Google)

Google AI、転移性乳がんの検出精度で99%達成。医師より高精度

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました