公務員・役所・地方自治体など

飛来する塩分や風速を推定、橋などのインフラの腐食をAI分析で予測

物質・材料研究機構は、農業・食品産業技術総合研究機構が公表している1キロ四方ごとの情報を利用し、飛来する塩分量などの腐食が進む条件をAI分析した。これによって、過去の気象データから1年間の平均的な腐食の程度を予測できるようになった

詳しく読む
RELATED POST
点検・品質管理

新幹線台車の異音をAIで検知 西日本旅客鉄道(JR西日本)

JR西日本は山陽新幹線のぞみの台車が破断寸前のまま運行した問題の対策として、AIを活用して新幹線の走行音から異常を検知する技術を開発した。2019年度内に導入を目指している

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
ゴミ分別

ゴミ分別をチャットで質問→自動回答 NTTドコモ神奈川>横浜市

チャットボットを活用した「イーオのごみ分別案内」。複雑な横浜市のゴミの分別をチャット形式で教えてくれる。試験運用時は「旦那」「嫁」と入力したときの回答なども話題

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
工場・製造業

大型ワイヤ放電加工機、自動で加工条件把握と保全機能 ソディック

ソディックのリニアモーター可能の高速高性能ワイヤ放電加工機「AL800P」は加工条件を自動的に導き出す。また、機械の状態を常に監視し、適切な時期に点検を促す

2018/10/27 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました