教育・学校

いじめ検知→担任教員や校長に自動通知

アメリカやカナダでは、いじめや電子タバコの検知などに、Soter Technologiesが開発したセンシング装置「フライセンス」が活用されている。たとえば、学校のトイレで普通とは違うレベルの騒音が発生した場合、ケンカやいじめを疑われる状況になったとき、校長や担任教員に自動通知される。アメリカとカナダではすでに200以上の学校で導入されている

詳しく読む
RELATED POST
学習塾

合格しそうな生徒を予測する塾講師向けサービス atama plus

タブレット型AI教材「atama+」を提供するatama plusは、生徒の学習進捗をもとに、合格しそうなタイミングをAIでリアルタイムに予測判定する技術の特許を取得した

2018/11/05 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
スマホアプリ

生徒の学習状況を分析→個々の専用レッスンを提供 atama plus

「atama+」はatama plusが提供する学習サービス。生徒一人一人の学習状況をAIが分析し、個別に専用レッスンを提供する。atama+を導入している学習塾の生徒は学習塾や家での勉強に活用できる

2018/11/05 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました