小売

百貨店の混雑状況を訪問客に提供

大丸松坂屋百貨店は、NTT東日本とバカンと共同で、札幌店の店舗内の混雑状況をAIが解析し、訪問客がスマホなどでリアルタイムに確認できるサービスを12月1日より開始する。従来、実際に足を運ばなければ分からなかった混雑具合を手元で確認できるようにすることにより、効率的に来店客が周流できることが期待できる

詳しく読む
RELATED POST
レジ

ICタグ不要、低コストの無人レジ Standard Cognitionパルタック

アメリカのStandard Cognitionは、天井設置のカメラのみで買い物客と商品の動きを認識する無人レジを開発し、日本最大手の日用品卸パルタックと提携し日本進出する。商品へのICタグの付与は不要で、低コストで導入できるのが強み。東京五輪までに3000店舗に導入を目指す

2018/11/10 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
万引き対策

万引き防止AIカメラ、店員に通知機能あり アースアイズ

万引き防止AIカメラ、不審な人物を検知し店員のスマホに静止画を送信。ドラッグストアでの試験運用では万引き4割減

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
ダイナミックプライシング

RFIDを貼付した商品の自動精算、ダイナミックプライシング トライアルカンパニーパナソニック スマートファクトリーソリューションズ

トライアル本社構内の実験店舗「トライアル ラボ店」は、RFIDを貼付した商品を来店客自身で会計レーンに通すだけで自動的に精算をする「ウォークスルー型決済」の実証実験を開始。消費期限に応じて価格を変動させるダイナミックプライシングの実験も

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました