小売

百貨店の混雑状況を訪問客に提供

大丸松坂屋百貨店は、NTT東日本とバカンと共同で、札幌店の店舗内の混雑状況をAIが解析し、訪問客がスマホなどでリアルタイムに確認できるサービスを12月1日より開始する。従来、実際に足を運ばなければ分からなかった混雑具合を手元で確認できるようにすることにより、効率的に来店客が周流できることが期待できる

詳しく読む
RELATED POST
スポーツ・スポーツ観戦

スポーツ観戦のチケット価格変動制 横浜F・マリノス

横浜F・マリノスは2019年よりでチケットの価格を需要に応じて変動させるダイナミックプライシングを実施すると発表した。価格は、需要、市況、天候などのビッグデータから算出させる

2018/11/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
ダイナミックプライシング

RFIDを貼付した商品の自動精算、ダイナミックプライシング トライアルカンパニーパナソニック スマートファクトリーソリューションズ

トライアル本社構内の実験店舗「トライアル ラボ店」は、RFIDを貼付した商品を来店客自身で会計レーンに通すだけで自動的に精算をする「ウォークスルー型決済」の実証実験を開始。消費期限に応じて価格を変動させるダイナミックプライシングの実験も

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
レジ

決済不要、客の顔認識をする無人コンビニ Lenovo

Lenovoは中国北京にある敷地内に無人のコンビニ「enovo Lecoo Unmanned Store」を開店した。入り口で客の顔を認識し、客は商品を手に取りそのまま店を出れば買い物完了。決済用のレジはなく、店を出るとモバイル決済が行なわれる

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました