小売

百貨店の混雑状況を訪問客に提供

大丸松坂屋百貨店は、NTT東日本とバカンと共同で、札幌店の店舗内の混雑状況をAIが解析し、訪問客がスマホなどでリアルタイムに確認できるサービスを12月1日より開始する。従来、実際に足を運ばなければ分からなかった混雑具合を手元で確認できるようにすることにより、効率的に来店客が周流できることが期待できる

詳しく読む
RELATED POST
流通業界

人員配置の最適化 加藤産業

加藤産業はAIの機械学習を活用し、物流施設の人員配置効率化に取り組む。施設のセンター長の業務負担軽減へ

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
ダイナミックプライシング

消費期限に応じて価格を自動調整する値札 Wasteless

AI活用の値札で消費期限に応じて価格をリアルタイム変更。マドリード小売店の実証実験では食品ロス32.7%減、収益6.3%増

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
流通業界

物流センター内を最適ルートで搬送、1,000kgまで対応 ギークプラス

ギークプラスのAI物流ロボ「EVE SLAM」はロボットが周囲の状況を把握し、最適なルートを走行。物流センターや製造工場などの床面の工事も不要。最大1,000kgまで搬送可能。

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました