小売

百貨店の混雑状況を訪問客に提供

大丸松坂屋百貨店は、NTT東日本とバカンと共同で、札幌店の店舗内の混雑状況をAIが解析し、訪問客がスマホなどでリアルタイムに確認できるサービスを12月1日より開始する。従来、実際に足を運ばなければ分からなかった混雑具合を手元で確認できるようにすることにより、効率的に来店客が周流できることが期待できる

詳しく読む
RELATED POST
流通業界

人員配置の最適化 加藤産業

加藤産業はAIの機械学習を活用し、物流施設の人員配置効率化に取り組む。施設のセンター長の業務負担軽減へ

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
小売

提携業務の自動化、携帯キャリアの人員4割削減へ ソフトバンクモバイル

ソフトバンクモバイルは、通信事業に関わる社員を4割削減する見通しを発表した。RPA(Robotic Process Automation)とAIで定型業務の自動化・業務効率化を進める

2018/11/07 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マーケティング

小売り向け、需要予測と出店計画提案 日立製作所

日立、小売・流通業界向けに曜日や時間帯、天気、顧客属性などから需要予測を行なうAIを11月から提供開始。出店計画の立案も

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました