小売

百貨店の混雑状況を訪問客に提供

大丸松坂屋百貨店は、NTT東日本とバカンと共同で、札幌店の店舗内の混雑状況をAIが解析し、訪問客がスマホなどでリアルタイムに確認できるサービスを12月1日より開始する。従来、実際に足を運ばなければ分からなかった混雑具合を手元で確認できるようにすることにより、効率的に来店客が周流できることが期待できる

詳しく読む
RELATED POST
マーケティング

小売業向け分析ツール(カメラで客層判別) GMOクラウド

GMOクラウド、小売業向けの実店舗来店客分析サービス「Diversity Insight for Retail byGMO」提供開始。既存の防犯カメラなどの映像から来店客の属性を分析。仕入れや販売戦略、レイアウト変更などの効果検証などに利用できる

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
仕分け

音声認識、作業効率20%増・ミス率84%減 アドバンスト・メディア銀座コージーコーナー

銀座コージーコーナーはアドバンスト・メディアのAI音声認識仕分けシステムをリニューアル導入。ハンズフリー・アイズフリーを実現し、従来ハンディーターミナルで使用していたタッチパネル形式と比較すると、作業効率20%増加、ミス率は84%減の12万5千分の1と高い導入効果を実現

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
ダイナミックプライシング

RFIDを貼付した商品の自動精算、ダイナミックプライシング トライアルカンパニーパナソニック スマートファクトリーソリューションズ

トライアル本社構内の実験店舗「トライアル ラボ店」は、RFIDを貼付した商品を来店客自身で会計レーンに通すだけで自動的に精算をする「ウォークスルー型決済」の実証実験を開始。消費期限に応じて価格を変動させるダイナミックプライシングの実験も

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました