小売

百貨店の混雑状況を訪問客に提供

大丸松坂屋百貨店は、NTT東日本とバカンと共同で、札幌店の店舗内の混雑状況をAIが解析し、訪問客がスマホなどでリアルタイムに確認できるサービスを12月1日より開始する。従来、実際に足を運ばなければ分からなかった混雑具合を手元で確認できるようにすることにより、効率的に来店客が周流できることが期待できる

詳しく読む
RELATED POST
レジ

パン屋での会計時、商品を自動判別 ブレイン

パン屋でトレイに載せたパンを読み取る「BakeryScan」、会計レジでの入力作業を大幅削減。関西圏を中心に約100店舗(180台)導入(2017年5月時点)

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
仕分け

複雑な仕分け作業の自動化

搬送関連機器メーカー「伊東電機」、複雑な仕分け作業を自動化するシステムを開発。AIと高速コンベアーにより種類別に商品を保管・取り出しが可能に

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
仕分け

音声認識、作業効率20%増・ミス率84%減 アドバンスト・メディア銀座コージーコーナー

銀座コージーコーナーはアドバンスト・メディアのAI音声認識仕分けシステムをリニューアル導入。ハンズフリー・アイズフリーを実現し、従来ハンディーターミナルで使用していたタッチパネル形式と比較すると、作業効率20%増加、ミス率は84%減の12万5千分の1と高い導入効果を実現

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました