事務

役所の保育所割振り業務自動化

保育所の入所選考に必要な膨大なデータ(保護者の労働時間や妊娠の有無、親族介護の必要性など)をAIが点数化。並べ替え作業は600時間が数秒に改善見込み

詳しく読む
RELATED POST
事務

税務当局、納税者の質問をAIが自動回答 シンガポール税務当局

シンガポール税務当局は、サイト上で納税者が質問できるシステムの試用版を開始。質問に対してAIが自動で回答する

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
公務員・役所・地方自治体など

料金未納者への電話催促のタイミングなどを最適化 神奈川>川崎市

川崎市は国民健康保険の未納者の属性をAIで分析し、電話応答率の高い時間帯や固定電話・携帯電話のどちらにかけるかなどを予測する。応答率を高めることで効率的な徴収につなげる狙い

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マッチング

保育所の入所選考ソフトを役所向けに提供開始、10日以上→わずか数秒 富士通福島県郡山市

富士通は、AIが入所選考基準と保護者の希望をもとに、各保育所の割り当てを行なう実証実験を、これまで30以上の自治体で行なってきた。10日以上かかっていたこともある入所選考事務を、複雑な選考パターンやロジックでわずか数秒程度まで短縮でき、市区町村の役所向けにソフトウェアとして提供を開始した。今後は、紙で届いた申請者情報をシステムに入力する業務なども自動化するなど、自治体業務のIT化を進めていく見込み。《追記11/27》福島県郡山市が試験導入

2018/11/12 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました