マッチング

保育所の入所選考ソフトを役所向けに提供開始、10日以上→わずか数秒

富士通は、AIが入所選考基準と保護者の希望をもとに、各保育所の割り当てを行なう実証実験を、これまで30以上の自治体で行なってきた。10日以上かかっていたこともある入所選考事務を、複雑な選考パターンやロジックでわずか数秒程度まで短縮でき、市区町村の役所向けにソフトウェアとして提供を開始した。今後は、紙で届いた申請者情報をシステムに入力する業務なども自動化するなど、自治体業務のIT化を進めていく見込み。《追記11/27》福島県郡山市が試験導入

詳しく読む
RELATED POST
事務

税務当局、納税者の質問をAIが自動回答 シンガポール税務当局

シンガポール税務当局は、サイト上で納税者が質問できるシステムの試用版を開始。質問に対してAIが自動で回答する

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
事務

複雑な契約書審査自動チェック、作業時間24時間→1分 リコーリコーICT研究所

他社との契約を結ぶ際の法務部チェックにおいて、自社の契約書テンプレートと比較し、不足事項がないかを確認できる。現在の精度は7、8割

2018/10/27 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
公務員・役所・地方自治体など

道路補修箇所の発見 北海道>室蘭市千葉>千葉市千葉>市原市国立研究開発法人情報通信研究機構東京大学東京>足立区

自治体の公用車に取り付けたスマホで道路を撮影し、AIに修理すべき箇所を発見させる(従来は目視)。2019年度以降に全国の自治体が使えるシステムの構築をめざす

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました