介護

簡単な車の運転もできる人型ロボット、将来は介助も

東京大学大学院情報システム工学研究室が開発中のロボット「ムサシ」はAIによる運転技術を学んでおり、簡単な車の運転も可能。電気自動車に乗り時速数キロで走行、スタッフが前を横切るとブレーキを踏んで停止する。将来は高齢者の介助・支援が可能なロボットを目指している

詳しく読む
RELATED POST
バス・タクシー

運行ルートをAIが判断するオンデマンドバス 未来シェア東急電鉄

東急電鉄は新たな移動手段を提供する「郊外型MaaS」の実証実験を開始する。その一つが「オンデマンドバス」で、美しが丘地区と地域拠点施設間を運行する。利用者はスマホで5分前までに予約。その後、10人から14人が定員の小型バスが指定エリアに迎えに来る。運行ルートはAIが適宜判断を行なう

2018/11/01 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
コミュニケーション・会話

スポーツ観戦中に試合状況を加味した対話ができるチャットボット NTTドコモ

NTTドコモは、自然対話プラットフォームにおいて、スポーツの試合の状況に応じた対話が可能な機能を開発したことを発表した

2018/11/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
車・交通

声や視線で運転操作できる自動車 アイシン精機名古屋大学徳島大学

名大などは、運転者の視線や声で操作できる自動車を開発した。「減速して」「そこを右に曲がって」などに対応。わき見運転や居眠り運転も検知

2018/10/26 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました