医療

医療現場でAIが画像診断→生存率予測

画像診断の結果をAIが学び、患者の生存率を予測する技術開発が進む。九州大学は乳がん患者の生存率の分類に成功。国立がん研究センターは腎細胞がんの生存率に関係性が強い遺伝子を特定。一人一人に個別の最適医療へ

詳しく読む
RELATED POST
医療

体調不良の緊急性を判断できるチャットボット NAM

NAMは医療用緊急性判断チャットボット「ドクターQ」は、自然対話で柔軟な情報取得が可能

2018/11/13 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

AIが救急出動の予測し救急車を最適配置、搬送までの時間を短縮へ 愛知>名古屋市消防庁

名古屋市消防局は、救急車の出動が増えそうな場所をAIによって予測する実証実験を開始する。過去9年間に市内で救急搬送された人の年齢や性別、病状や場所・天気などの190万件ものデータをもとに、出動が増えそうな場所を予測する

2018/11/27 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

小腸粘膜傷害の画像診断 東京大学医学部附属病院

東大病院などは、医師の負担が大きかった粘膜傷害をAIで診断するシステムを開発した。正解率は9割以上、1万枚以上の小腸の画像を4分弱で診断

2018/10/31 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました