医療

健康診断の情報を入力→がんや生活習慣病などの発病確率をAIで予測

韓国のSELVAS AIは、BMI、血圧、コレステロール値、問診情報など計20項目の健康診断結果データを入力するだけで、がんや生活習慣病などの主要10疾病の発病確率を予測、健康アドバイスを行なう「Selvy Checkup」を日本で提供開始する。

詳しく読む
RELATED POST
医療

細胞や組織の画像から胃がん判定 日本病理学会

日本病理学会は、患者から採取した細胞や組織の画像から胃がんを判定する診断支援システムの試験運用を開始する。AIに3000枚の画像を学習させ、98%の精度で判定が可能になった

2018/11/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

AIが救急出動の予測し救急車を最適配置、搬送までの時間を短縮へ 愛知>名古屋市消防庁

名古屋市消防局は、救急車の出動が増えそうな場所をAIによって予測する実証実験を開始する。過去9年間に市内で救急搬送された人の年齢や性別、病状や場所・天気などの190万件ものデータをもとに、出動が増えそうな場所を予測する

2018/11/27 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

製薬業界向けAIチャットボット イクシーズラボ日立システムズ

日立システムズとイクシーズラボは、イクシーズラボのAI会話プラットフォーム「CAIWA」に医薬用語シソーラス辞書「T辞書」を組込、製薬業界に向けた対話型自動応対AIサービス「CAIWA Service for Medical」の提供を開始した。薬剤師など医療関係者や製品情報を提供するサイトや社内のMR向けサイトに導入することが可能

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました