医療

健康診断の情報を入力→がんや生活習慣病などの発病確率をAIで予測

韓国のSELVAS AIは、BMI、血圧、コレステロール値、問診情報など計20項目の健康診断結果データを入力するだけで、がんや生活習慣病などの主要10疾病の発病確率を予測、健康アドバイスを行なう「Selvy Checkup」を日本で提供開始する。

詳しく読む
RELATED POST
医療

医療現場でAIが画像診断→生存率予測 九州大学国立がん研究センター

画像診断の結果をAIが学び、患者の生存率を予測する技術開発が進む。九州大学は乳がん患者の生存率の分類に成功。国立がん研究センターは腎細胞がんの生存率に関係性が強い遺伝子を特定。一人一人に個別の最適医療へ

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
介護

高齢者の体調異常時に通知 スマートシティたかまつ推進協議会香川高等専門学校香川>高松市

高松市、IoTとAIで高齢者を見守る取り組み、来年度実用化へ。心拍数などに異常があった際は家族のスマホへ通知。常時安否確認も可能

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

体調不良の緊急性を判断できるチャットボット NAM

NAMは医療用緊急性判断チャットボット「ドクターQ」は、自然対話で柔軟な情報取得が可能

2018/11/13 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました