医療

健康診断の情報を入力→がんや生活習慣病などの発病確率をAIで予測

韓国のSELVAS AIは、BMI、血圧、コレステロール値、問診情報など計20項目の健康診断結果データを入力するだけで、がんや生活習慣病などの主要10疾病の発病確率を予測、健康アドバイスを行なう「Selvy Checkup」を日本で提供開始する。

詳しく読む
RELATED POST
医療

AIが救急出動の予測し救急車を最適配置、搬送までの時間を短縮へ 愛知>名古屋市消防庁

名古屋市消防局は、救急車の出動が増えそうな場所をAIによって予測する実証実験を開始する。過去9年間に市内で救急搬送された人の年齢や性別、病状や場所・天気などの190万件ものデータをもとに、出動が増えそうな場所を予測する

2018/11/27 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

2種類の肺がんを97%の精度で判別 アルファベット(Google)ニューヨーク大学

『Nature Medicine』に9月17日付で発表された新たな研究によると、ニューヨーク大学のシリゴスの研究チームがGoogleの既存ディープラーニングアルゴリズムを斎宮連したところ、主要な2種類の肺がんを97%の精度で判別できるようになり、人間の専門家ができない識別が可能であることを示唆した

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

医療現場でAIが画像診断→生存率予測 九州大学国立がん研究センター

画像診断の結果をAIが学び、患者の生存率を予測する技術開発が進む。九州大学は乳がん患者の生存率の分類に成功。国立がん研究センターは腎細胞がんの生存率に関係性が強い遺伝子を特定。一人一人に個別の最適医療へ

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました