電車・鉄道・駅

踏切内の異常をAIが検知、2秒以内に運転士などに伝送

フューチャースタンダード、理経、東急テクノシステムは、東急池上線雪が谷大塚1号踏切において踏切内の異常を検知し、2秒以内に付近走行中の運転士や運行管理者に伝える「踏切映像伝送システム」の実証実験を開始した。踏切の監視カメラの映像をAIが解析する仕組み

詳しく読む
RELATED POST
道案内

駅構内・駅内商業施設の案内システムにAI 東日本旅客鉄道(JR東日本)

JR東日本は、山手線の東京、浜松町、品川、新宿、池袋、上野の6駅で15種類のデジタルサイネージやロボットによる案内システムを試験導入し、乗客からの問い合わせに対応する

2018/11/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
旅行・観光

観光地への行き方を案内するロボット 西日本旅客鉄道(JR西日本)

JR西日本は、観光地までの乗り換えを尋ねると、そこまでのアクセス方法を答えてくれるAIロボットの実証実験を開始した。大阪駅・京都駅に設置され、日本語のほか英語にも対応

2018/11/01 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
点検・品質管理

新幹線台車の異音をAIで検知 西日本旅客鉄道(JR西日本)

JR西日本は山陽新幹線のぞみの台車が破断寸前のまま運行した問題の対策として、AIを活用して新幹線の走行音から異常を検知する技術を開発した。2019年度内に導入を目指している

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました