システム開発

システム開発:質の悪いソースコード発見

富士通、AIなどを活用し出来の悪いソースコードを発見。システム稼働後も無償改修が必要となるリスクを軽減へ

詳しく読む
RELATED POST
公務員・役所・地方自治体など

道路補修箇所の発見 北海道>室蘭市千葉>千葉市千葉>市原市国立研究開発法人情報通信研究機構東京大学東京>足立区

自治体の公用車に取り付けたスマホで道路を撮影し、AIに修理すべき箇所を発見させる(従来は目視)。2019年度以降に全国の自治体が使えるシステムの構築をめざす

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

過去の対応事例を把握し調べるポイントを提示するサービス 東芝デジタルソリューションズ

東芝デジタルソリューションズは、装置などのトラブル時に業務支援を行なうAIサービス「RECAIUS」を提供開始した。装置などに不具合が発生した場合、保守員が入力した不具合内容のテキストとセンサーデータなどの情報を統合して、過去の類似事例から調べるポイントを提示する。製造現場のほか、医療現場での診断漏れや誤診回避、介護や接客でのトラブル対応・トラブル回避なども支援する

2018/11/07 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
システム開発

複雑なソースコード分析・品質可視化 Acellere GmbH丸紅情報システムズ

丸紅情報システムズ、独Acellereのソフトウェア静的解析ツール「GAMMA」を販売。GAMMA大規模で複雑なソフトウェアソースコードを分析し、品質を可視化する。また、AIが内蔵されており、影響範囲を検証しながらリファクタリング作業を行なうことができる

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました