医療

体調不良の緊急性を判断できるチャットボット

NAMは医療用緊急性判断チャットボット「ドクターQ」は、自然対話で柔軟な情報取得が可能

詳しく読む
RELATED POST
医療

2種類の肺がんを97%の精度で判別 アルファベット(Google)ニューヨーク大学

『Nature Medicine』に9月17日付で発表された新たな研究によると、ニューヨーク大学のシリゴスの研究チームがGoogleの既存ディープラーニングアルゴリズムを斎宮連したところ、主要な2種類の肺がんを97%の精度で判別できるようになり、人間の専門家ができない識別が可能であることを示唆した

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

小腸粘膜傷害の画像診断 東京大学医学部附属病院

東大病院などは、医師の負担が大きかった粘膜傷害をAIで診断するシステムを開発した。正解率は9割以上、1万枚以上の小腸の画像を4分弱で診断

2018/10/31 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
介護

高齢者の体調異常時に通知 スマートシティたかまつ推進協議会香川高等専門学校香川>高松市

高松市、IoTとAIで高齢者を見守る取り組み、来年度実用化へ。心拍数などに異常があった際は家族のスマホへ通知。常時安否確認も可能

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました