公務員・役所・地方自治体など

料金未納者への電話催促のタイミングなどを最適化

川崎市は国民健康保険の未納者の属性をAIで分析し、電話応答率の高い時間帯や固定電話・携帯電話のどちらにかけるかなどを予測する。応答率を高めることで効率的な徴収につなげる狙い

詳しく読む
RELATED POST
データ入力・文字起こし・OCR

議事録自動作成・要約作成、2人で残業→1時間で完了 メディアドゥ徳島県

徳島県、知事会見のテキスト化・要約作成をAIを利用。従来2人が4日残業していた作業が1人で1時間に短縮。さらに利用範囲を広げ、すべての審議会や協議会の議事録でも本格導入した。作業時間は1/5に削減される見込みで、数か月かかっていた議事録公開が大幅に短縮されることも期待できる

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
事務

転入転出など手続きの届出書自動作成サービス 滋賀>長浜市

滋賀県長浜市は転入転出などの手続き方法を案内するプログラム「QAチャットボット」をサイト上で開始。届出書自動作成サービス「CHA-CHAT申請」の実験も

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
事務

別部署からの問合せにAIが回答 埼玉県

埼玉県は、職員からの「PCやネットワークの設定」「機器故障時の対応」「財務システムなどの操作支援」などの情報システムに関する質問に、AIが回答するチャット形式のシステムを活用している。今後は県民向けのサービスの実用化を目指す

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました