公務員・役所・地方自治体など

料金未納者への電話催促のタイミングなどを最適化

川崎市は国民健康保険の未納者の属性をAIで分析し、電話応答率の高い時間帯や固定電話・携帯電話のどちらにかけるかなどを予測する。応答率を高めることで効率的な徴収につなげる狙い

詳しく読む
RELATED POST
データ入力・文字起こし・OCR

市役所業務などでRPA・AI活用、国民健康保険のデータ入力など 富士通滋賀>大津市

滋賀県大津市と富士通は、「政策検討・立案へのデータ活用」「保育所入所選考へのAI活用」「市役所業務へのRPA適用」の3分野で連携協定を締結し2018年11月から2019年3月まで共同で有効性を検証する。RPA適用においては、「内部事務システムに臨時・嘱託職員の勤務記録データを入力する業務での業務」、「国民健康保険料に関する所得申告書のデータから公的年金収入および給与収入の金額を基幹システムにデータ入力する業務」での効果を検証

2018/11/12 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
データ入力・文字起こし・OCR

議事録の自動作成 アドバンスト・メディア東京>港区

東京都港区役所、5月からAIによる議事録自動作成支援ツール利用。文字起こしの時間を短縮

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
事務

転入転出など手続きの届出書自動作成サービス 滋賀>長浜市

滋賀県長浜市は転入転出などの手続き方法を案内するプログラム「QAチャットボット」をサイト上で開始。届出書自動作成サービス「CHA-CHAT申請」の実験も

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました