― 活用例一覧 ―

「病気予防」分野のAI活用事例

スポンサーリンク
医療

健康診断の情報を入力→がんや生活習慣病などの発病確率をAIで予測 SELVAS AI

韓国のSELVAS AIは、BMI、血圧、コレステロール値、問診情報など計20項目の健康診断結果データを入力するだけで、がんや生活習慣病などの主要10疾病の発病確率を予測、健康アドバイスを行なう「Selvy Checkup」を日本で提供開始する。

2018/11/21 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

認知症を目の動きでチェック、スマホカメラを利用 Emory UniversityKarolinska InstitutetNeurotrack

アメリカのNeurotrackは、Karolinska Institutet(カロリンスカ研究所)の監修のもと、認知機能チェックができる仕組みを実用化している。動画を視聴している際の動きをスマホカメラで撮影し、それをアルゴリズムとAIで解析する。第一生命の「『健康第一』認知症予防アプリ」で利用可能

2018/11/21 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
健康

生活習慣病リスクを予測するAI SOMPOヘルスサポートSOMPOホールディングス東芝東芝デジタルソリューションズ

東芝グループが持つAI・ビッグデータ解析技術を活用し、SOMPOホールディングスなどは「2型糖尿病」「高血圧症「脂質異常症」の生活習慣病リスクの予測をするAIを開発した。

2018/11/06 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
医療

将来の糖尿病リスクを診断 国立国際医療研究センター

国立国際医療研究センター、3年後に糖尿病を患う可能性を予測するページを公開。約3万人の健康診断データをもとに開発。健康診断の結果をもとにサイト上で誰でも利用可能

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
スポンサーリンク