マーケティング

物流の需要予測、在庫を置く場所を最適化

ネット通販の発展で悲鳴をあげている物流業界で導入が進められている「クラウドロジ」。従来、倉庫からの長距離配送が一般的だったが、どの倉庫にどの商品をどの程度置くかを顧客動向に合わせて最適化。短距離・短時間・低コストでの配送を可能にした。現在前身サービスを含め600社が導入

詳しく読む
RELATED POST
流通業界

物流センター内を最適ルートで搬送、1,000kgまで対応 ギークプラス

ギークプラスのAI物流ロボ「EVE SLAM」はロボットが周囲の状況を把握し、最適なルートを走行。物流センターや製造工場などの床面の工事も不要。最大1,000kgまで搬送可能。

2018/10/28 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
マーケティング

テレビショッピングの内容をAIが採点、電話数28%増 NTTデータキューサイ

NTTデータは、AIを駆使して数千通りもの構成案を生成・評価して視聴者電話数を予測する技術を開発した。映像と音声、電話件数を機械学習させたもので、キューサイの商品で導入したところ、電話数は1本目が29%増、2本目が24%増となった

2018/11/16 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
小売

百貨店の混雑状況を訪問客に提供 バカン大丸松坂屋百貨店東日本電信電話(NTT東日本)

大丸松坂屋百貨店は、NTT東日本とバカンと共同で、札幌店の店舗内の混雑状況をAIが解析し、訪問客がスマホなどでリアルタイムに確認できるサービスを12月1日より開始する。従来、実際に足を運ばなければ分からなかった混雑具合を手元で確認できるようにすることにより、効率的に来店客が周流できることが期待できる

2018/11/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました