流通業界

物流センター内を最適ルートで搬送、1,000kgまで対応

ギークプラスのAI物流ロボ「EVE SLAM」はロボットが周囲の状況を把握し、最適なルートを走行。物流センターや製造工場などの床面の工事も不要。最大1,000kgまで搬送可能。

詳しく読む
RELATED POST
レジ

商品タグ・商品スキャン不要の無人レジ サインポスト東日本旅客鉄道(JR東日本)

JR東、無人レジの実証実験を赤羽駅でスタート。商品タグ不要、商品スキャン作業不要。80台のカメラを使い手に取った商品・戻した商品を把握し自動計算→Suicaで決済

2018/10/23 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
ダイナミックプライシング

RFIDを貼付した商品の自動精算、ダイナミックプライシング トライアルカンパニーパナソニック スマートファクトリーソリューションズ

トライアル本社構内の実験店舗「トライアル ラボ店」は、RFIDを貼付した商品を来店客自身で会計レーンに通すだけで自動的に精算をする「ウォークスルー型決済」の実証実験を開始。消費期限に応じて価格を変動させるダイナミックプライシングの実験も

2018/10/25 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
流通業界

倉庫での9工程自動化、人員9割減、8時間→15分 ダイフクユニクロ(ファーストリテイリング)

ユニクロ、商品積み下ろし・倉庫内運搬・梱包・配送コンテナ片づけなど9工程をAIやロボットで自動化、人員9割削減。従来8時間の作業を15分に短縮

2018/10/24 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました