暮らし

ベビーシッターにふさわしいかをAI診断

アメリカのPredictimは、ベビーシッター候補者のSNSをAIが高速スキャンし、「無礼な態度」「露骨なコンテンツ」等の要素を評価。ベビーシッターとしてふさわしいかどうかを判定する。このように、アメリカでは求職者のバックグラウンドスクリーニングを行う事業者が増えている

詳しく読む
RELATED POST
トイレ

スマートメーターで会議室予約、トイレ空室確認 大崎電気工業

大崎電気工業は、トイレの空室確認やオフィスの会議室予約を可能にするスマートメーターを開発した

2018/11/13 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
介護

簡単な車の運転もできる人型ロボット、将来は介助も 東京大学

東京大学大学院情報システム工学研究室が開発中のロボット「ムサシ」はAIによる運転技術を学んでおり、簡単な車の運転も可能。電気自動車に乗り時速数キロで走行、スタッフが前を横切るとブレーキを踏んで停止する。将来は高齢者の介助・支援が可能なロボットを目指している

2018/11/17 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
コミュニケーション・会話

話した言葉を瞬時に翻訳→音声化する多言語翻訳アプリ NICT

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した多言語翻訳アプリ。話し言葉を任意の外国語に翻訳(入力18言語、出力14言語)。テキスト翻訳も可能

2018/10/27 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました