暮らし

ベビーシッターにふさわしいかをAI診断

アメリカのPredictimは、ベビーシッター候補者のSNSをAIが高速スキャンし、「無礼な態度」「露骨なコンテンツ」等の要素を評価。ベビーシッターとしてふさわしいかどうかを判定する。このように、アメリカでは求職者のバックグラウンドスクリーニングを行う事業者が増えている

詳しく読む
RELATED POST
コミュニケーション・会話

AIで手話↔口語の通訳 SAPPORO AI LAB北海道大学日本ユニシス聴覚障害者協会

SAPPORO AI LABなどは、手話と口語を相互に通訳するシステムを開発した。手話を翻訳してモニターに映すほか、話し言葉を手話に変換することも可能。現在は2,000パターンの文章を認識

2018/11/02 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
ダイエット

食事写真から品目識別→栄養計算、カバー率90%(5200品目) ライフログテクノロジー

ヘルスケアアプリ「カロミル」は、食事画像解析AIで5200品目もの一般料理の識別が可能、そこから栄養の計算をすることができる

2018/11/13 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
暮らし

個々のおすすめビールを診断 キリン

キリンはAIを活用し、約10個の質問に答えるだけで本人が自覚していないビールの嗜好を予測するサービス「ビアナビ」をテスト展開した

2018/11/08 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました