暮らし

ベビーシッターにふさわしいかをAI診断

アメリカのPredictimは、ベビーシッター候補者のSNSをAIが高速スキャンし、「無礼な態度」「露骨なコンテンツ」等の要素を評価。ベビーシッターとしてふさわしいかどうかを判定する。このように、アメリカでは求職者のバックグラウンドスクリーニングを行う事業者が増えている

詳しく読む
RELATED POST
健康

生活習慣病リスクを予測するAI SOMPOヘルスサポートSOMPOホールディングス東芝東芝デジタルソリューションズ

東芝グループが持つAI・ビッグデータ解析技術を活用し、SOMPOホールディングスなどは「2型糖尿病」「高血圧症「脂質異常症」の生活習慣病リスクの予測をするAIを開発した。

2018/11/06 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
コミュニケーション・会話

スポーツ観戦中に試合状況を加味した対話ができるチャットボット NTTドコモ

NTTドコモは、自然対話プラットフォームにおいて、スポーツの試合の状況に応じた対話が可能な機能を開発したことを発表した

2018/11/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
介護

介護記録作成でIoTとAI、手書きと比べ作業時間4割減 ウチヤマホールディングス九州工業大学

ウチヤマホールディングスと九州工業大はIoT技術を活用し、入浴やリハビリなどの介護記録の作成簡素化の実証実験を行ない、従来の手書き作業と比べ最大4割短縮を実現した。介護職員に位置や体の動きを検知するセンサーを携帯してもらい、職員の活動を検知することで、どの介護サービスを行なったかをAIが判断する

2018/10/29 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました